大阪・神戸CBTを学ぶ会

11月の学ぶ会では強迫性障害の事例について学びました。カウンセリングルームを訪れたクライアントは強迫性障害の当人ではなく、その母親です。親の立場として子どもの病気をよくしたいという希望もありますが、子どもの病気に巻き込まれて母親も不自由な生活を強いられているという点も問題でした。

母親としては子どもの症状に巻き込まれずに毅然とした態度をとればよさそうに思えるのですが、そうはいかないようです。巻き込みに困っているのに、困っていることを子どもにそう言うことは怖いと感じているようです。子どもが威圧的なわけでも暴力的なわけでもないのに、母親が子供を恐れる理由が不可解でした。

 

鼓月のみたらし団子

患者様から鼓月のみたらし団子を差し入れにいただきました。ひぐち歯科の正面で店頭販売しているので、いつも香ばしい匂いがしています。昼休みにスタッフみんなで美味しくいただき、午後からの活力になりました。ありがとうございます。

 

新島襄先生生誕の碑

神田錦町を歩いていると「新島襄先生生誕の碑」がありました。同志社中学では創設者である新島襄先生の伝記を習ったり、礼拝時に新島先生が遺した言葉を習ったりしました。新島先生は群馬の安中藩の武士の家に生まれましたが、群馬で生まれたのではなく、江戸の安中藩邸で生まれたということのようです。

歯ぎしりはなくなるものなんでしょうか?

相談: (36歳 女性)

現在歯ぎしりで悩んでいます。歯医者でマウスガードを作って、顎のトレーニングを毎日一応行っております。月イチ顎の調子を診てもらいに行くのですが、歯ぎしり自体の治療ではないので、治るわけではないのですよね。

歯ぎしり自体がなくなる治療ができるのならよいのですが、歯ぎしりはなくなるものなんでしょうか?それでストレスを解消しているものだから、なくなさい方がいいとも聞きます。ご返信お願いします。

回答:口腔内科 樋口均也

歯ぎしりは夜間周囲の人に迷惑をかけるだけではなく、歯や歯肉などの歯周組織、顎関節、筋肉にも悪影響を及ぼします。

歯ぎしりが続くと歯がすり減って噛み合わせが変化し、歯肉との境界付近の歯の表面が欠けてくぼみ「楔状欠損」が生じます。こうして歯の表面が欠損すると冷たい水や歯磨きなどで歯の神経に刺激が加わり、しみて痛む「象牙質知覚過敏」という状態になります。

歯に加わる力は歯周組織にもダメージを与え、歯の周囲の骨が溶けて歯が動揺する「咬合性外傷」を引き起こし、歯周病を悪化させる要因にもなります。

また、夜間の歯ぎしりは顎関節にも無理をかけることになり、顎が痛い、口が開きにくいなど顎関節症の原因ともなります。口を開閉する筋肉にも負担となり、筋肉の凝りや痛みを生じさせるため、あたかも奥歯(臼歯)の痛みのように感じられます。歯が痛むのに虫歯や歯周病など歯の異常が見当たらない場合はこの筋肉痛が疑われ、肩凝りや頭痛を引き起こす可能性もあります。

歯ぎしりから体を守る装置がナイトガード(オクルーザル・スプリント)ですが、この装置は歯ぎしり自体を治すものではありません。歯ぎしりを確実に治す方法は存在しないのです。

歯ぎしりの原因は不明ですが、ストレスや噛み合わせ、睡眠障害、逆流性食道炎との関連が疑われています。また、ストレスを緩和するために歯ぎしりをするという説もあり、これらの問題点が改善されれば歯ぎしりがなくなるかもしれません。

横向きに生えた親知らずはどのようにして抜くの?

現代人の顎は小さくなる傾向にあり、親知らずが正しく生えるスペースが不足しがちです。そのため、親知らずが頭を前にして横向きに生えてきたり、横向きで埋まったまま生えてこないことが正常に生えてくる場合よりも多いのです。

ところが、横向きの親知らずをそのまま前方に引き抜こうとしても、通常は前の歯にぶつかって抜けません。そこで、まず歯の頭と根の繋ぎ目の部分を削って切断し、歯の頭を上に引っ張って取り除いた上で残った根を抜くことになります。

一方、親知らずが埋まっている場合は歯茎を切開して親知らずを出してから抜き、その後歯茎を縫い合わせます。また、骨の中に埋まっている場合には、骨を削り取って親知らずを出してから抜きます。

 

 

肝の疏泄

五行理論によると肝は春の性質を持ちます。肝がその働きを主る(つかさどる)「疏泄」とは春に草木が芽を出し、のびのびと育っていく様子のことです。人体に当てはめると、気血が正しく運行し、脾胃が正常に働くことです。また、精神的な働きが正常に行われることです。

肝の働きにより、気が体の隅々まで巡り、その気の働きで血や津液も巡るようになります。肝は脾胃の働きを扶け(たすけ)、飲食物の受納と運化が正常に行われるようになります。肝は情志活動が正常に行われることにも関与します。喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の感情である情志は肝のより調整され、精神・意識・思惟活動が正常に行われます。

疏泄の不及で肝気鬱結、肝鬱血瘀が生じ、疏泄の大過で肝火上炎、肝気上逆が生じます。疏泄が過剰でも不足でも実の症状が現れるのです。

 

業界団体トップ

歯科医師の団体といえば日本歯科医師会です。その会長に会う機会は今のところありません。そのようなことはどこの業界団体であっても同じだと思います。新宿の店で「キリスト教学校教育同盟」理事長と会食しました。

その団体トップとは、高校時代に駿台予備校京都校で一緒に数学や物理の勉強をし、工学部に進んだ西原廉太君です。なぜか今は立教大学の文学部の教授で、キリスト教学の学部長です。中高なども束ねる立教学院でも、誰よりもたくさん仕事をしているようです。

 

山内先生ダブリン通信⑧

山内先生が研究室で働いていおられるアイルランドからイギリスまでは、日本でいう大阪と東京間に似ているらしく気軽に行き来できるそうです。
ロンドンのハイドパークという「ウィンター・ワンダーランド」ではこの時期限定でジェットコースターも観覧車もある移動遊園地が出現しています。
とても煌びやかで綺麗でした。

中医学講座

11月の「症例で学ぶ中医学講座」は「肝の弁証」でした。肝は疏泄を主り、蔵血を主り、筋膜を主ります。また、肝は目に開竅し、魂を蔵します。

特に印象に残ったのは疏泄に関するくだりでした。疏泄の不及で肝気鬱結、肝鬱血瘀が生じ、疏泄の大過で肝火上炎、肝気上逆が生じます。疏泄が過剰でも不足でも実の症状が現れるのが不思議なところです。

口腔内の乾燥が激しく夜も眠れず話すのも舌が回らない

相談: (35歳 男性)

初めまして、こんにちは。一週間程前から口腔内の乾燥が激しく夜も眠れず話すのも舌が回らなく本当に辛くてどうしたら良いか分かりません。

回答:口腔内科 樋口均也

唾液の出方が少なかったり、口呼吸により唾液の蒸発が進むと口の中が乾くドライマウスになります。ドライマウスの症状は口腔粘膜の乾燥だけではなく、舌の痛みや味覚の異常、口臭などがありますが、口の乾きで眠りにくい症状もそのひとつであるといえます。

ドライマウスの原因は薬の副作用や口呼吸、ストレス、シェーグレン症候群など多種多様であるため、乾燥の程度や原因について診察を受けられることをお勧めします。