痛みを伴う口腔粘膜の白色病変

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

扁平苔癬は皮膚や粘膜が痒くなったり、痛くなったりする炎症性の病気です。口腔粘膜や皮膚、頭皮、男性器粘膜、女性器粘膜に出現し、皮膚では赤紫色 の発疹、粘膜では白斑が生じます。組織検査を行うと粘膜に炎症細胞が集まっていることが確認できますが、その原因は不明です。扁平苔癬は難治性で、中には ガン化する場合がある病気です。

口腔扁平苔癬の典型例では頬粘膜に左右対称的に白色で網目状の病変が見られ、その周囲が発赤し、触ったり刺激のあるものを食べたりすると痛みます。口腔扁平苔癬と類似した症状を示す病気に口腔扁平苔癬様病変もあります。

コメントは受け付けていません。