カテゴリー別アーカイブ: 国内観光・イベント

屋号

奈良井宿の家の正面には表札の他にほとんどの家で屋号が掲げられています。それも表札よりも高い位置で目立ちます。

高札場

幕府が定めた掟、条目、禁制を札に書き、高札という板に張り付けている場所が高札場です。宿継ぎの駄賃なども書かれていました。

出梁造り

木曽路の宿場町の家の特徴に出梁造りがあります。1階の天井の梁が異界の正面の壁よりも道路側に突き出していて、その分2階が張り出した造りになっています。少しでも床面積を大きくしようという工夫でしょうか。街道の様子を見降ろしや … 続きを読む

水場

奈良井宿を歩いていくと水場があり、冷たい谷水が流れ出していました。水場は合計6ヶ所あり、「下町」「下城」「横水」「池の沢」「鍵の手」「宮の沢」と名がついています。かつての旅人もここで竹筒に水を汲んだのでしょう。馬もここで … 続きを読む

奈良井宿

塩尻駅から中央西線で名古屋方面に5駅先の奈良井宿を目指しました。といっても、中央西線は1~2時間に1本しか走らない辺鄙な路線です。塩尻駅で腹ごしらえして1時間後の普通列車に乗り奈良井駅に着きました。 奈良井宿は木曽谷の中 … 続きを読む

山賊焼き

北海道など遠方からの参加者の帰りの都合からでしょう、今回の口臭学会は日曜日の昼までで閉会しました。塩尻の駅前で昼食に名物の山賊焼きを頂きました。この料理は塩尻や松本で20世紀前半に誕生したそうで、21世紀に入って町おこし … 続きを読む

七夕人形

七夕になると笹に短冊を吊るして願い事をしますが、これは中国の牽牛・織女の伝説から来ています。笹の葉を折って笹舟にし、川に流して汚れをはらうのは日本古来の棚機の風習です。 松本では笹舟の代わりに七夕人形を吊るし、使用後は川 … 続きを読む

空調表示

7月末というのに「ホテルモンターニュ松本」のエレベータには「本日客室空調 冷房 となっております。」とわざわざ表示されていました。この時期でも暖房が必要な寒い日があるということでしょうか。ちなみにこの日の最高気温予想は3 … 続きを読む

道祖神

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」とは『奥の細道』の出だしですが、その少し後に「そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず」とあります。道祖神とは何者だろうと思っていましたが、 … 続きを読む

播隆上人

新田次郎の山岳小説『槍ヶ岳開山』を読んだのは大学2年のときで、槍ヶ岳を登る前だったでしょうか。この小説の主人公が初めて槍ヶ岳を登ったとされる江戸時代の播隆上人です。小説では頂上で御来迎(ブロッケンの怪物)に出会ったとされ … 続きを読む