カテゴリー別アーカイブ: 未分類

イトシャジン

キキョウ科ホタルブクロ属イトシャジン 木曽福島の福島関の庭で咲いていました。花に付く茎(花茎)が細長い沙参であることから、この名がつきました。生薬の沙参は鎮咳、虚痰作用を有します。 キキョウ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る … 続きを読む

ヨツバヒヨドリ

キク科ヒヨドリバナ属ヨツバヒヨドリ 金剛山のダイヤモンドで咲いていました。ヒヨドリバナの仲間で、4枚の葉が輪生します。 キク科2へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る  

キハギ

マメ科ハギ属キハギ 千早赤阪村の金剛ロープウェイの乗り場の近くで咲いていました。ハギの仲間に共通して見られる蝶形花ですが、キハギの花の色は赤紫、青紫、白が混じってカラフルです。 マメ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

カシワバハグマ

シソ科トウバナ属カシワバハグマ 金剛山のダイヤモンドトレイルで咲いていました。柏の葉に似た葉をつけ仏具の白熊に似た花を咲かせることから、柏葉白熊の名が付きました。 シソ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る   &nb … 続きを読む

タウコギ

キク科センダングサ属タウコギ 金剛山のダイヤモンドトレイルで咲いていました。まだ花が咲いていない蕾の状態のように見えますが、花びらに見える舌状花がない筒状花のみの花で、これでも立派に咲いています。葉の形がウコギに似ていて … 続きを読む

半夏の修治

生薬は手に取って臭いを嗅いだり、齧って味わったりすると、その特徴が理解しやすくなります。しかし、半夏はそうはいきません。半夏を齧ると粘膜を強く刺激し、舌がしびれたり、声が出にくくなったりします。ただし、半夏と一緒に生姜を … 続きを読む

ケチヂミササ

イネ科チヂミザサ属ケチヂミササ 箕面市粟生間谷の藪の中で見かけました。小穂から水平方向にノギが長く伸びています。秋になるとの偽から粘液葉分泌され、引っ付き虫となります。茎から毛が生えていることも特徴です。   … 続きを読む

ヒカゲイノコヅチ

ヒユ科 イノコヅチ属 イノコヅチ 茨木市生保の草むらで咲いていました。イノコヅチにはヒナタイノコヅチとヒカゲイノコヅチがあり、こちらは日陰の多い場所に生える毛が少ない方のイノコヅチです。 ヒユ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

サワギキョウ

キキョウ科ミゾカクシ属サワギキョウ 大阪大学薬学部薬用植物園の片隅で咲いていました。キキョウの花と比べると花びらが長細く、一枚一枚が独立しています。   キキョウ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

赤い斑点や点状の隆起を点といい、茸状乳頭が赤く膨らんだものです。芒刺と同様に熱証を表し、火邪が裏に入り津液を消耗すると生じ、心火や心肝火旺、熱入営血でみられます。