カテゴリー別アーカイブ: 院長近況8 結婚20周年記念ハワイ旅行

マキキ・バレー・トレイル

ハワイに着いた団体客が最初に案内されるのが「タンタラスの丘」です。ホノルル市内が一望できる一番の見晴しポイントです。このタンタラスの山腹の森の中を半日かけて歩いてみました。周りは広葉樹の森で高い木を取り囲んでイチジクの木 … 続きを読む

ホウガンノキ

ハワイ・プランテーションビレッジで見かけました。英語名はcannon-ball-treeという砲丸の木は南アメリカ原産の木です。木の幹に砲丸のような実が鈴なりになっています。 ライアン樹木園へ進む 院長近況8-3 熱帯の … 続きを読む

ライアン樹木園

マノア渓谷のハワイ大学付属ライアン樹木園(Lyon Arboretum)を見学しました。大きな谷全体が敷地となっていて、一通り回ると1日がかりになりそうです。   トラフアナナスへ進む 院長近況8-3 熱帯の植 … 続きを読む

トラフアナナス

フランス領ギアナから来た虎斑アナナスはパイナップル科の多年草です。赤い花のように見えるのは萼が変化した苞です。苞の間から黄色い花が咲きます。タロへ進む 院長近況8-3 熱帯の植物へ戻る 院長近況8 結婚20周年記念ハワイ … 続きを読む

タロ

タロ芋はサトイモ科の植物全般のことを指し、ハワイではカロといいます。渓谷の下流の海の近くの平地ではカロが栽培されている光景が見られます。カヴァへ進む 院長近況8-3 熱帯の植物へ戻る 院長近況8 結婚20周年記念ハワイ旅 … 続きを読む

カヴァ

ハワイではアヴァと呼ぶコショウ科の潅木です。鎮静作用があるため、宗教的な儀式や通過儀礼で用いられます。かつてミクロネシア連邦で味わったことがありました。 ハラへ進む 院長近況8-3 熱帯の植物へ戻る 院長近況8 結婚20 … 続きを読む

ハラ

沖縄に生えるアダンの木に似たpandanus tectoriusはタコノキ科の樹木でアーストラリアから西オセアニアに分布しています。ミクロネシアではその実を生で食べたり、調理したり、ソースとして使ったりします。 イリエエ … 続きを読む

イリエエ

インドマツリともセイロンマツリともいわれるイソマツ科の低木です。この木の根からとれる黒色の色素を使ってネイティブ・ハワイアンは入れ墨をしました。 サンセベリアへ進む 院長近況8-3 熱帯の植物へ戻る 院長近況8 結婚20 … 続きを読む

サンセベリア

ナイジェリアから来たリュウゼツランの一腫です。mother-in law’s tongueともいい、肉厚の根生葉がロゼット状に拡がっています。観葉植物としてよく見かけるやつです。   マノアの滝へ進 … 続きを読む

マノアの滝

ライアン樹木園を少し下ると道の上に「ツリートップレストラン」が見えてきます。この横のパラダイスパ^キングに駐車し、レストランで腹ごしらえをして、マノアの滝に向かって歩き始めました。狭い渓谷をひたすら登って行くのですが、谷 … 続きを読む