カテゴリー別アーカイブ: 院長近況4-2 モンゴル医療事情

虫歯の増加

かつては、おやつも主食と同様にチーズやヨーグルトなどの乳製品が主流でした。このチーズが曲者で、硬く乾燥しているため咀嚼に相当な力を要し、顎が疲れてしまうほどです。しかし乾燥肉はもっと硬く、噛みこなすには強い顎の筋力が不可 … 続きを読む

歯科技工室

技工室には若い男性がいました。歯科技工士ではなく、彼も歯科医でツェデン先生のご子息です。ウランバートルの歯学部を卒業し、数年前に故郷へ戻ってきたそうです。この日は不在でしたが奥さんは歯科技工士で、受付をしている女性はお姉 … 続きを読む

歯科材料

診療室の中を見回してみると、アメリカ製や日本製の比較的新しい材料が備わっています。イギリスや日本の歯科医がボランティアで南ゴビを訪問した際、田舎まで巡回診療し、帰国時にこれらの材料を置いて帰ったのだそうです。そこで、新し … 続きを読む

歯科訪問

南ゴビの県都であるダランザドガドでは、町に唯一軒ある歯科を訪問することができました。町の病院の歯科部門です。60歳くらいと推察される女性歯科医、ツェデン先生は突然押しかけた私たちを大歓迎してくれて、さまざまな話を聞かせて … 続きを読む

ブルガンの診療所

ガイドさんと運転手さんに医療機関を見学したいと伝えていたところ、バヤンザクの近くのブルガンという小さな集落に一軒の診療所があったので、飛び込みで訪問してみました。果たして応対してくれるだろうかという不安はありましたが、医 … 続きを読む

手術室、処置室、分娩室

手術室、処置室、分娩室と見て回りましたが、全身麻酔器械や呼吸心拍モニター、超音波診断装置などは見当たりません。案内されなかっただけかもしれませんが、血液自動分析装置も目にすることはありませんでした。 見学した印象では、診 … 続きを読む

歯周病

ホンゴル砂丘近郊のゲルを訪問したとき、一家の主人から歯の具合を診てほしいと依頼されました。そこで口の中をのぞいて歯を触ってみると、下顎智歯が動揺しています。どうやら歯周病が進行しているようで、痛くて噛めないということです … 続きを読む

食生活の変化

困ったことに最近、伝統的な遊牧民の保健医療状況にだんだんと悪い変化が現われているらしいのです。南ゴビ旅行後半の道中、運転手を務めてくれたプテヴさんによると、かつては少なかった腎疾患や高血圧症が急増中とのこと。どうやら、食 … 続きを読む

モンゴル伝統医療

モンゴルの広大な国土を渡り歩く遊牧民は、ほとんど現代医療を受ける機会に恵まれていません。草原や砂漠を走る道路はどこも未舗装で、病人を都市の病院まで搬送するのは困難を極めるのです。冬の雪や春の雪解けによるぬかるみは、さらに … 続きを読む

頭頚部形成外科医

前述の通り、オユン先生は1993~1994年にかけて大阪大学歯学部第二口腔外科に留学していました。当時の私は松坂市民病院での勤務を終えて2年ぶりに大学に戻ってきたところでしたが、オユン先生といえば口腔外科の手術よりも研究 … 続きを読む