カテゴリー別アーカイブ: 院長近況7-1 AAPD

第11回アジア予防歯科学会国際大会

第11回アジア予防歯科学会国際大会 2014年9月17日から19日まで北京で開催された第11回アジア予防歯科学会国際大会に参加しました。この学会には済州島、クアラルンプール、ウランバートルに次いで4回目の参加です。「口臭 … 続きを読む

VIP扱い

VIP扱い 北京の空港につくとKINYA HIGUCHIと書いた紙を掲げ持った若い女性2人が出迎えてくれました。聞くと北京大学口腔学部の学生で、学会のスタッフとして講演発表者を空港から会場のホテルまで送迎する役目を負って … 続きを読む

アジア予防歯科学会

アジア予防歯科学会 2年に一度開催されるこの学会にはアジア各国から研究者が参加します。学会での使用言語は英語なので、北京での学会であっても中国語を聞く機会は全くありませんでした。参加者は中国各地の大学から集まった研究者が … 続きを読む

口臭と口臭症への治療の意義

口臭と口臭症への治療の意義 シンポジウムでの発表のタイトルは「口臭と口臭症への治療の意義」です。口臭と口臭症の区別、口臭研究のトピックス、ほんだ式口臭治療、治療成績、今後の展望と矢継ぎ早に英語でまくし立てました。ほんだ式 … 続きを読む

シンポジウムの座長

「口臭と基礎研究」のシンポジウムの前半部分の座長を務めました。講演したのは3名で北京大学口腔医学院口腔予防科の鄭教授(中国)、カリマンタン島のヘルスケアセンターに勤めるDr.Rahimayanti(インドネシア)、慶熙大 … 続きを読む

記念品

アジア予防歯科学会で記念品を3品頂きました。一番上等だったのはシンポジストとしての記念品で、京劇の役者絵が描かれたミニ屏風でした。座長としての記念品は金属性のしおりで、こちらも京劇のお面があしらわれていました。参加賞も京 … 続きを読む

カルチャーナイト

アジア予防歯科学会の2日目には恒例のカルチャーナイトの晩餐が開催されます。中国の伝統的な楽器の合奏や変面、マジックが披露されました。インドネシアの参加者が合唱したり、韓国の参加者が踊りや弦楽器の合奏を披露したりしました。 … 続きを読む

中国人研究者の実力

今度の学会で中国人の教授や准教授10名近くとお話ししましたが、いずれも完璧な英語でした。一般の中国は今でも全く英語がわからないという状況でしたので、その違いが際立っていました。論文の数でもアメリカを抜いて中国が世界一とな … 続きを読む

学会のパーティーにて

学会参加者の、出し物!喜劇、手品、歌の披露、演奏、ダンス! 特に韓国チームの完成度は高く、今年も一番盛り上がりました~★ ショーを見ながら美食のオンパレード~!どんどん運ばれてきて、中華料理のフルコースでした。 頤和園へ … 続きを読む