カテゴリー別アーカイブ: 雑草3

タチコゴメグサ

ハマウツボ科コゴメグサ属タチコゴメグサ 京丹波町法主の道端で咲いていました。寄生根と呼ばれる根を伸ばして他の植物の栄養を横取りし、自らも光合成する半寄生植物です。 ハマウツボ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

ノアズキ

マメ科ノアズキ属 ノアズキ 能勢町平野の道端で咲いていました。変わった形の黄色い花で、旗弁、翼弁、竜骨弁から成る蝶形窩ですが、左右非対称です。花の色や形、葉の形がアズキと似ているのでこの名がつきました。 マメ科へ戻る 雑 … 続きを読む

ヤマノコギリソウ

キク科ノコギリソウ属ヤマノコギリソウ 塩尻市奈良井宿の道端で咲いていました。ノコギリソウはその名の通り、葉がのこぎりのような形をしています。 キク科3へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

セイヨウノコギリソウ

キク科ノコギリソウ属セイヨウノコギリソウ 塩尻市奈良井宿の空き地で咲いていました。ノコギリソウの葉はのこぎりのような切れ込みが入りますが、セイヨウノコギリソウの葉はもっと複雑な形態をしています。切れ込みが入った葉がさらに … 続きを読む

ハクサンフウロ

フウロソウ科フウロソウ属ハクサンフウロ 塩尻市奈良井宿の草むらで咲いていました。低い山で生えるタチフウロと似ていますが、タチフウロの葉はハクサンフウロのようには細く裂けません。 フウロソウ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

シコンノボタン

ノボタン科ティボウキナ属シコンノボタン 塩尻市奈良井宿の道端で咲いていました。ブラジル原産で、1日咲くとしおれますが、次々と新しい花が咲きます。 ノボタン科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る  

ムラサキウマゴヤシ

マメ科ウマゴヤシ属ムラサキウマゴヤシ 木曽福島の福島関の庭で咲いていました。地中海原産で明治に入って日本に入りました。紫色のクローバーという感じです。 マメ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る  

キハギ

マメ科ハギ属キハギ 千早赤阪村の金剛ロープウェイの乗り場の近くで咲いていました。ハギの仲間に共通して見られる蝶形花ですが、キハギの花の色は赤紫、青紫、白が混じってカラフルです。 マメ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

ビロードクサフジ

マメ科ソラマメ属ビロードクサフジ ラサのセラ寺の境内で咲いていました。蔓藤袴は葉の付け根の尖った托葉を袴に見立てたとか、花の形自体を袴に見立てたとかいった理由でこの名が付きました。   マメ科へ戻る 雑草図鑑3 … 続きを読む

アメリカコナギ

ミズアオイ科 アメリカコナギ属アメリカコナギ パールハーバーの北にあるワイパフのハワイズ・プランテーションビレッジで咲いていました。コナギは小菜葱、子菜葱、小水葱、子水葱といろいろな書き方をする東南アジア原産の水辺の雑草 … 続きを読む