カテゴリー別アーカイブ: 雑草3

ヤマハギ

マメ科ハギ属ヤマハギ 京都市大原野の道端で咲いていました。日本全土を含めて北東アジアに分布するハギの仲間です。山の名が付きますが、山地にも平地にも生えるハギです。 マメ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

ミゾシダ

ヒメシダ科アミシダ属ミゾシダ 高槻市のポンポン山の山中で見かけました。溝の側に生えることからこの名が付きました。 ヒメシダ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

アワコガネギク

キク科キク属アワコガネギク 茨木市佐保の山麓で咲いていました。黄色い小さな花が泡立ったように密集して咲くことから「泡黄金菊」の名が付きました。キクタニギクの別名があります。 キク科3へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

シマカンギク

キク科キク属シマカンギク 茨木市佐保の道端で咲いていました。島寒菊といっても離島に咲くわけではなく西日本の山麓に咲きます。昔は花を油に漬けてきずぐすりとしました。 キク科3へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

ヤリゲイトウ

ヒユ科ケイトウ属ヤリゲイトウ 茨木市佐保の道端で咲いていました。ケイトウの仲間で花(花冠)の先端が槍のように伸びていることからこの名が付きました。 ヒユ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

タチコゴメグサ

ハマウツボ科コゴメグサ属タチコゴメグサ 京丹波町法主の道端で咲いていました。寄生根と呼ばれる根を伸ばして他の植物の栄養を横取りし、自らも光合成する半寄生植物です。 ハマウツボ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る

ノアズキ

マメ科ノアズキ属 ノアズキ 能勢町平野の道端で咲いていました。変わった形の黄色い花で、旗弁、翼弁、竜骨弁から成る蝶形窩ですが、左右非対称です。花の色や形、葉の形がアズキと似ているのでこの名がつきました。 マメ科へ戻る 雑 … 続きを読む

ヤマノコギリソウ

キク科ノコギリソウ属ヤマノコギリソウ 塩尻市奈良井宿の道端で咲いていました。ノコギリソウはその名の通り、葉がのこぎりのような形をしています。 キク科3へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

セイヨウノコギリソウ

キク科ノコギリソウ属セイヨウノコギリソウ 塩尻市奈良井宿の空き地で咲いていました。ノコギリソウの葉はのこぎりのような切れ込みが入りますが、セイヨウノコギリソウの葉はもっと複雑な形態をしています。切れ込みが入った葉がさらに … 続きを読む

ハクサンフウロ

フウロソウ科フウロソウ属ハクサンフウロ 塩尻市奈良井宿の草むらで咲いていました。低い山で生えるタチフウロと似ていますが、タチフウロの葉はハクサンフウロのようには細く裂けません。 フウロソウ科へ戻る 雑草図鑑3へ戻る