カテゴリー別アーカイブ: 雑草4

シロバナカノコユリ

シロバナカノコユリ 塩尻市奈良井宿の道端で咲いていました。カノコユリはピンク色の鹿の子模様の斑点が入っていますが、この花は花びらが白く鹿の子が失われています。花びらが反り返っているのが特徴です。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4 … 続きを読む

オニユリ

ユリ科ユリ属オニユリ 木曽福島の空き地で咲いていました。朝鮮半島原産で古代に食用として移入されました。花びらに黒い班点が散在し、赤鬼のようなのでこの名がつきました。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る  

ノビネチドリ

ラン科ノビネチドリ属ノビネチドリ 塩尻市の松本歯科大学のキャンパスで咲いていました。伸根千鳥は花の形がチドリの飛ぶ様に似ていることと白い根が伸びることから名づけられました。 ラン科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る  

ヤマジノホトトギス

ユリ科ホトトギス属ヤマジノホトトギス 金剛山の沢筋で咲いていました。海中の軟体動物のような形をした花です。花びらが反り返るのがヤマジノホトトギス、花びらが横に拡がるのがヤマホトトギスです。なぜこのような名がついたのでしょ … 続きを読む

ヤマホトトギス

ユリ科 ホトトギス属 ヤマホトトギス 箕面市石丸の林の中で咲いていました。めしべが大きく発達し、ユニークな形です。       ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る  

ユキノシタ

ユキノシタ科ユキノシタ属ユキノシタ 大阪薬科大学の薬用植物園の片隅で咲いていました。5枚の花びらの内で下の2枚が長くなっているのが特徴的です。寒い冬に雪の下になっても枯れないことから雪の下の名が付きました。葉を乾燥させた … 続きを読む

ヤマノイモ

ヤマノイモ科ヤマノイモ属ヤマノイモ 箕面市外院の道端で咲いていました。長芋の根茎を乾燥させて生薬にしたものが山薬です。脾胃の働きを助け、腎精を強くする働きがあります。   ヤマノイモ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る … 続きを読む

シライトソウ

ユリ科シライトソウ属シライトソウ 亀岡市西別院の畦道で咲いていました。名前の通りで白く細い花です。   ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

ヘメロカリス

ワスレグサ科ワスレグサ属ヘメロカリス 万博公園の「森の舞台」で咲いていました。日本や中国に自生するカンゾウ(萱草)やユウスゲがアメリカに渡り、園芸品種として改良されたのがヘメロカリスです。花が短命で一日でしおれてしまうの … 続きを読む

サギソウ

ラン科サギソウ属サギソウ 園部町瑠璃渓の池の畔で咲いていました。鷺が羽を広げたようなこの花は雑草を紹介する本によく紹介されています。実物は何年も見つからなかったので、ようやく出会えて感激しました。園部町で生まれ育った母親 … 続きを読む