カテゴリー別アーカイブ: 雑草4

ツルリンドウ

リンドウ科ツルリンドウ属ツルリンドウ 高槻市のポンポン山の山中で咲いていました。茎や葉、花は少し紫色を帯びたきれいな花で、地表を這う蔓植物です。 リンドウ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

センブリ

リンドウ科センブリ属センブリ 高槻市原の神峯山寺の境内で咲いていました。千回振り出してもまだ苦いという意味で「千振」の名が付きました。以前に「笑っていいとも」で罰ゲームとしてセンブリ茶を飲むシーンが度々放映されました。一 … 続きを読む

アサマリンドウ

リンドウ科リンドウ(ゲンティアナ)属アサマリンドウ 高槻市原の神峯山寺の境内で咲いていました。伊勢の朝熊山に由来するリンドウで、西日本の低山地帯に自生します。 リンドウ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る

シロバナカノコユリ

シロバナカノコユリ 塩尻市奈良井宿の道端で咲いていました。カノコユリはピンク色の鹿の子模様の斑点が入っていますが、この花は花びらが白く鹿の子が失われています。花びらが反り返っているのが特徴です。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4 … 続きを読む

オニユリ

ユリ科ユリ属オニユリ 木曽福島の空き地で咲いていました。朝鮮半島原産で古代に食用として移入されました。花びらに黒い班点が散在し、赤鬼のようなのでこの名がつきました。 ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る  

ノビネチドリ

ラン科ノビネチドリ属ノビネチドリ 塩尻市の松本歯科大学のキャンパスで咲いていました。伸根千鳥は花の形がチドリの飛ぶ様に似ていることと白い根が伸びることから名づけられました。 ラン科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る  

ヤマジノホトトギス

ユリ科ホトトギス属ヤマジノホトトギス 金剛山の沢筋で咲いていました。海中の軟体動物のような形をした花です。花びらが反り返るのがヤマジノホトトギス、花びらが横に拡がるのがヤマホトトギスです。なぜこのような名がついたのでしょ … 続きを読む

ヤマホトトギス

ユリ科 ホトトギス属 ヤマホトトギス 箕面市石丸の林の中で咲いていました。めしべが大きく発達し、ユニークな形です。       ユリ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る  

ユキノシタ

ユキノシタ科ユキノシタ属ユキノシタ 大阪薬科大学の薬用植物園の片隅で咲いていました。5枚の花びらの内で下の2枚が長くなっているのが特徴的です。寒い冬に雪の下になっても枯れないことから雪の下の名が付きました。葉を乾燥させた … 続きを読む

ヤマノイモ

ヤマノイモ科ヤマノイモ属ヤマノイモ 箕面市外院の道端で咲いていました。長芋の根茎を乾燥させて生薬にしたものが山薬です。脾胃の働きを助け、腎精を強くする働きがあります。   ヤマノイモ科へ戻る 雑草図鑑4へ戻る … 続きを読む