カテゴリー別アーカイブ: 雑草1

トゲミノキツネノボタン

キンポウゲ科キンポウゲ属トゲミノキツネノボタン 京丹波町法主の草むらで咲いていました。5枚の花びらをつけた花の中心にそう果ができ始めているものも見られます。 キンポウゲ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

ツルキツネノボタン

キンポウゲ科ツルキツネのボタン 京丹波町法主の草むらで咲いていました。キツネノボタンの仲間で、花が枯れた後は蔓植物のように地を這うことからこの名がつきました。 キンポウゲ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

オモダカ

オモダカ科オモダカ属オモダカ 京丹波町法主の水田で咲いていました。白い3枚の花びらと黄色い雄しべが目立つ花ですが、最大の特徴はY字型の葉です。 オモダカ科へ戻る 雑草図鑑1-1へ戻る

ウスゲチョウジタ

アカバナ科チョウジタデ属ウスゲチョウジタ 伊丹市昆陽池の畔で咲いていました。水田や湿地に咲く黄色い4枚の花びらの花にはチョウジタデ、ウスゲチョウジタデ、ヒレタゴボウ(アメリカミズキンバイ)、タゴボウモドキと幾つかあります … 続きを読む

グンバイヅル

オオバコ科クワガタソウ属グンバイヅル 塩尻市奈良井宿の草むらで咲いていました。実が軍配に似ていることと蔓性に地を這うことからこの名がつきました。 オオバコ科へ戻る 雑草図鑑1-1へ戻る

フランスギク

キク科フランスギク属フランスギク 家の近くの道端で咲いていました。ヨーロッパ原産で幕末に園芸種として移入され、野生化しています。     キク科1へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る  

ボタンヅル

キンポウゲ科センニンソウ属ボタンヅル 木曽福島の崖で咲いていました。葉がボタンの葉に似ていてつる性植物なので「牡丹蔓」の名がつきました。センニンソウに似た花です。 キンポウゲ科へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る

コテングクワガタ

オオバコ科クワガタソウ属コテングクワガタ 伊丹市昆陽池の畔で咲いていました。花の雄しべが長く伸びて天狗の鼻のように見え、身につく萼が兜を飾るクワガタのように見えるため、天狗クワガタと名付けられた在来種があります。ヨーロッ … 続きを読む

ヒヨクソウ

オオバコ科クワガタソウ属ヒヨクソウ 伊丹市昆陽池の畔で咲いていました。中国に比翼という伝説上の鳥がいます。2羽の鳥が目と翼を1つずつ持ち、2羽が一体となって飛ぶそうです。二つの花が茎(葉柄)から対になって伸びる様子を比翼 … 続きを読む

ヒメヒマワリ

キク科ヒマワリ属ヒメヒマワリ 塩尻市の松本歯科大学のキャンパスで咲いていました。ヒマワリと似ていて、全体に小型です。 キク科1へ戻る 雑草図鑑1-2へ戻る