噛みしめ呑気症候群 治療実績

集計期間 2008年~2016年1月

70名に噛みしめ呑気症候群の治療を実施しました。

男女比
男性18名・女性52名と、女性が倍以上を占めています。

年齢別の人数
年齢分布は11歳から85歳までで、10歳ずつの年代に区分すると、20代と40代(17名)が最多となりました。

年代     人数
~10代     7
20代     17
30代     12
40代     17
50代     8
60代~     9

〈症状〉
噛みしめ呑気症候群の症状としてはげっぷが最多となり、その他お腹の張り、痛み、おなら、肩こりや首の凝りや痛みなども多数見られました。

随伴症状             数
げっぷ              49
胃部の張り、痛み、不快感     39
おなら               46
お腹の張り、痛み         51
顎関節の痛み              25
耳鳴り、耳詰まり、めまい      24
目の不調              27
肩凝り、首のこりや痛み      45
集中力の低下              29
臭いの心配               25
いじめにあった          12
外出したくない          10

リグロスとエムドゲイン

薬の治験は何段階も人を使って行われます。リグロスの治験でも第3相試験を経て、新薬承認申請がなされました。申請とは別に類似の材料であるエムドゲインとの比較試験(非劣性試験)も行われました。両者は同じような働きがありますが、リグロスは薬であり、エムドゲインは薬としては認められていないという違いがあります。

無作為化比較試験の結果、リグロスはエムドゲインよりも歯槽骨の再生量が大きいことが明らかとなりました。

 

8頭の神馬

妙見山の本殿(開運殿)には妙見大菩薩が祀られています。この菩薩は北極星信仰と結びついています。参道の両脇には8頭の神馬像が並んでいますが、これは北極星を守護する北斗七星と輔星の八つの星を表しています。

輔星とは北斗七星の柄側から2番目の星「ミザール」の側にあるやや暗い星「アルコル」のことです。この星が見えるかどうか視力検査のために用いられたと読んで、子供の頃は輔星が見えることを確認しては喜んでいました。今も見えるかどうかはわかりません。

MONS CAFE KYOTO

祇園四条にあるモンスカフェに行ってきました。ベッド席があることで有名な人気のカフェです。残念ながらベッド席は予約制なので座れなかったのですが、写真は撮らせてもらえました。次は予約してから行きたいと思います。

尿の病的変化

尿赤
膀胱湿熱 五淋散、猪苓湯+黄連解毒湯
心経熱盛 五淋散+竜胆瀉肝湯、清心連子飲
肝胆湿熱 竜胆瀉肝湯
胃腸実熱 大承気湯、小承気湯
肺経実熱 麻杏甘石湯
腎陰虚熱 滋陰降火湯

頻尿
膀胱湿熱 猪苓湯、五淋散
腎陰虚熱 滋陰降火湯
肺脾気虚 補中益気湯+麻黄附子細辛湯
膀胱虚寒 八味地黄丸
命門火衰 八味地黄丸

癃閉
膀胱湿熱 猪苓湯、五淋散
肺気壅塞 清肺飲
陽気不足 四君子湯
膀胱虚冷 真武湯
血瘀尿閉 桂枝茯苓丸
石淋尿閉 五淋酸、竜胆瀉肝湯、五淋散+黄連解毒湯

尿失禁
肺経実熱 五淋酸
膀胱虚冷 八味地黄丸
肺気不足 五淋散+人参湯、
大気下陥 補中益気湯
虚熱内盛 滋陰降火湯

ベーチェット病

小さな円形の潰瘍が繰り返しできる「アフタ性口内炎」は、多くの人が一度は経験されるものでしょう。しかし、中には「ベーチェット病」という全身病の一症状として発症するケースもあるため、注意が必要です。ベーチェット病の四つの主症状は以下の通りです。

・再発性アフタ
・眼症状(虹彩毛様体炎、網膜ぶどう膜炎)
・皮膚症状(結節性紅斑、毛嚢炎様皮疹、皮下の血栓性静脈炎)
・外陰部潰瘍

その他、次のような症状もあります。

・関節炎
・消化器症状(腸管潰瘍)
・血管病変(深部静脈血栓症、動脈瘤)
・副睾丸炎
・中枢神経病変(認知症、脳炎)

上記のように、ベーチェット病は口内炎が最初の症状として出現する場合が多く、時には眼症状が進行して失明するケースもあるため、単なる口内炎と軽視せずに注意を払う必要があります。また、ベーチェット病は男女比に差がない反面、男性が罹患すると重症化しやすい傾向にあります。今のところはっきりとした原因は不明ですが、遺伝的な形質に虫歯菌など細菌感染が加わって発症する可能性が示唆されています。ステロイド剤による治療に加え、各臓器の症状に応じた個別の対症療法を行います。

妙見山

雑草探しの途上で妙見山の側を通ったので、お参りして来ました。妙見山に登ったのは大学生の頃だったので30年以上たっています。サイクリングで登って来た人がちらほらといるだけで訪れる人は少なく、ひっそりとした信仰の山でした。境内には郵便局もあり、かつてはさぞかし賑わっていたのだろうと想像できます。

2-3ヶ月前から舌がピリピリヒリヒリと痛みます

2017/10/10
相談: (50歳 女性)

2-3ヶ月前から時々舌が、ピリピリヒリヒリ…酷い時は、針に刺されたような痛みがあり、頭がもうろうとしてきて、歯科、口腔外科、神経科と行きましたが、原因も解決方法も解らず、困っています。何科にかかったら良いでしょうか?原因に心当たりある方、教えて下さい。宜しくお願いします。
回答:口腔内科 樋口均也

舌が痛む理由にはさまざまなものがありますが、大別すると舌の粘膜に問題がある場合と舌の神経に問題がある場合とに分かれます。前者では食事の際に痛みが生じ、後者では食事とは関係なく痛みが生じます。

舌の粘膜の異常はアフタ性口内炎、口腔扁平苔癬、ドライマウス、口腔カンジダ症、亜鉛不足、貧血、くいしばり、などによって生じます。一方、舌の神経の異常には舌痛症と三叉神経痛があります。

舌の粘膜や神経の異常について、口腔外科か耳鼻咽喉科でもう一度しっかり検査を受けられることをお勧めします。痛みに対してはペインクリニックや心療内科で診てもらうとよいでしょう。

症例で学ぶ中医学講座

9月の中医学講座では「膀胱の弁証」を学びました。胃から入った水分は脾を通り、肺から全身に供給され、腎で尿となり、膀胱を通って排泄されます。胃から入った余分な水分は別に小腸に送られ、膀胱を通って排泄されます。尿の病的状態には尿が赤くなる尿赤、頻尿、尿が出にくくなる癃閉、尿失禁があります。

歯根嚢胞摘出術後のジクジクする痛み

【相談者】2017年9月21日 M
どうしても不安で ご相談させていただきます今年6月下旬頃 右上6番(昔神経を抜き銀歯)が浮く感じがしたので 掛かり付けの口腔外科へ。とても忙しい先生でレントゲンのみを撮り小さな嚢庖があるので 今後根官治療で行きますと 次回の治療まで三週間ほど待つことに。しかしその間に 大きい風邪を引き 必要以上にその歯も痛くなり 内科(個人クリニック)で抗生物質と鎮痛剤の点滴に毎日通い 予約までしのぎました。

風邪も落ち着き やっと予約の日を迎え 銀を外し短時間の根官治療 そしてまた二週間後の予約。気長にやるしかないと思いきや 治療から数日もしないうちに 七福神のように腫れと激痛 予約まで待てず直ぐに先生の元へ向かい総合病院の為 点滴を4~5日。腫れが引いたかと思えばまた二週間の間に腫れ上がり点滴。

その間 当時は無かった歯茎の上の粘膜と頬の間にしこりが出来ましたが痛みはさほど無く 先生には伝えましたが特別なことは言われませんでした。処方箋でロキソニンや抗生物質も出して貰っていましたが このあたりでCTを撮ることに。嚢庖自体は小さいけれどあまり保たない歯かもしれないので 抜歯してそのまま嚢庖を取り除くことになりました。

そして 一昨日9/19(火)抜歯嚢庖摘出。嚢庖が小さかったので歯茎切開も無く縫うこともしませんでしたし 抜歯後痛みも腫れも楽に二日目を迎えたのですが、抜歯や嚢庖摘出の刺激からか しこりが気になって(少しジクジクする)一週間後の予約では不安になり 結局昨日先生の元へ。大丈夫だよ 二週間程度で吸収すると思いますと、安心して帰って来たつもりでしたが 三日目の今日もロキソニンが切れるとジクジクするし やっぱり不安です。

感覚としては「い~」とすると 右頬にパチンコ玉大がこつっと。直接優しく触れると 鈍い痛みが走ります 頬は少し突っ張ります。鎮痛剤が効いてくれるだけマシですが そもそもこのしこりは何故出来てしまったのか 本当に吸収してくれるのか。大事をとって 仕事は一週間休みにし 禁止事項は守り 勿論激しい動作はしていません。

何か 考えられることがありましたら 宜しくお願いいたします。長文失礼いたしました。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也
右上6番の根尖部に歯根嚢胞が生じ、そこに感染が加わって痛みや腫れが出てきたようですね。嚢胞付近の頬粘膜や歯槽粘膜にも炎症が拡がったのでしょう。炎症が続くとその部分に線維素が増殖して硬くなりますが、これがしこりの正体ではないかと推察します。その場合は時間の経過とともに線維素が徐々に吸収され、しこりはなくなっていきます。

ただし、しこりのある部分に骨片や歯の破折片などの異物が残存する場合は、しこりが消えずに残る可能性があります。また、元々しこりの部分に腫瘍など別の病気が存在していた場合は治らないこともあります。

【相談者】2017年9月12日 
この度は 親切ご丁寧かつ分かりやすい返信をいただきまして ありがとうございます。凄く感動いたしました。あまり ネットの使い方が判らず 直接メールしてしまった次第で 返信いただけると思ってなかったものですから、樋口先生の仰る通りだと思います

文字で表現するのに困っていましたが まさに繊維のようなものをパチンコ玉大にしたようなものが 約一ヶ月ほど居据わっています。抜歯から6日間ほど経ちますが 昨日今日辺りがピークだったのか 右頬粘膜全体から中央にかけて 黙っていてもヒリヒリからビリビリな痛みになり 常温の飲料も辛い感じで、時折 患部も脈打つような痛みが走ったり。

現在は 勿論違和感はかなり有りますが 当時のこつっと言うよりも じんわりと引いて行ってような気がします。二日前頃まではこめかみがズキンズキンしたりしましが今は有りません。これは 回復方向と考えてよろしいのでしょうか?

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也
術後の痛みは徐々に軽減してきているようですね。術後の炎症に伴う痛みは日が経てば消失していくと予想されるため、嚢胞以外の問題がない場合はそのまま治癒を待たれるとよいでしょう。

【相談者】2017年9月29日 
ご返事ありがとうございます。数日前 抜歯後初めての消毒で歯科へ行きました。主治医からも 2~3週間経過をみるよう言われました。傷口自体は順調で しこりの件も問題ないとのことで、まだ 時折ヒリヒリ感は有りますが 時間薬だと思うことにして、色々ご丁寧にありがとうございます。もしかしたら またご相談するか分かりませんが、宜しくお願いいたします。