高級「生」食パン専門店の乃が美(のがみ)

患者様から乃が美の食パンをいただきました。耳までしっとりふわふわで美味しかったです。ありがとうございました。

独活寄生丸

広島県尾道市の重松会松本病院の岡崎裕美枝先生が腎癌の全身転移症例について紹介されました。足が疼き夜も寝られず、日中も寝たきり状態です。足に強い冷えとむくみもあります。

鎮痛剤では痛みが抑えきれていない状況なので何とかしたいところですが、腎機能の問題や全身状態を考えると複数の漢方薬を併用することはためらわれます。このような状況に対して独活寄生丸を単剤で処方し、全ての症状が改善し起き上がって料理ができるようになりました。

独活寄生丸は独活、桑寄生、杜仲、牛膝、細辛、秦艽、茯苓、桂枝、防風、川芎、地黄、人参、甘草、当帰、芍薬で構成されています。白朮を除き四君子湯(人参、白朮、茯苓、甘草)と四物湯(当帰、川芎、芍薬、地黄)の成分が含まれているため、気虚と血虚を補います。独活・細辛・秦艽が風湿を取り除き、川芎・桂枝が冷えを取ることで痛みを和らげます。また、桑寄生・杜仲・牛膝が肝心を補います。

桑寄生は広葉樹に寄生するヤドリギ科の植物で、肝心を補い、筋骨を強くし、風湿を取る働きがあります。ドイツではハーブとしてけいれんや頭痛に用いられ、抗がん効果も期待されています。

歯肉ガンは切るしかないですか

相談: (50歳 男性)

歯肉ガンは切るしかないですか?レーザーとか?電話相談したのですが…メールが苦手で

回答:口腔内科 樋口均也

歯肉ガンに対しては一般的に手術で切り取ることになり、ガンの部分だけではなく周囲の正常な部分も含めて切除するため、大きな欠損が残ることになります。
早期のガンで病変が小さい場合はレーザーで焼灼するという方法もありますが、通常は行われていません。ガンの切除後、本当にガンなのか否か、悪性度はどの程度であるかを病理組織検査によって確認します。レーザーで焼灼してしまうとこの検査ができないため、ガンであったのかどうかも確認できなくなってしまうのです。
早期の歯肉ガンに対して手術を行わず、放射線治療や抗ガン剤による化学療法で治療するという選択肢もありますが、手術と比べて再発や転移の危険性が高くなるという問題があります。ただし、ガンが進行していて手術ができない場合には、放射線療法や化学療法を行うことになります。

ホタルイ

園部町瑠璃渓の源流の湿地帯で見かけました。花茎がまっすぐに立ち、その途中で複数の小穂がついているように見えますが、もう少し構造が複雑です。小穂は花茎の先端に付き、そこから花茎とよく似た苞が1本上に伸びています。

 

義歯Q&A

入れ歯のお手入れについて教えて下さい
●金具の部分
内側は、特に汚れがつきやすい場所です。歯ブラシを使ってよく清掃しましょう。
●床<しょう>(ピンク色をした歯肉に相当するところ)
毎食後、入れ歯を外して水洗いしてから義歯用ブラシなどで清掃しますが、時には義歯用洗浄剤の化学的な力を利用することも必要です。汚れがついていないように見えても義歯床には”カンジタ菌”などが繁殖しているからです。
●バネのかかっている歯とその他の歯
バネのかかっている歯は、かかっていない歯よりも複雑な構造であるため食べ物が付着しやすく、汚れもつきやすくなります。従って、お手入れが不十分だと虫歯になったり、最悪の場合には歯を抜く事態にもなりかねないため、毎食後他の歯と同様に十分なブラッシングを心がけて下さい。
●粘膜
基本的には、就寝時などに入れ歯を外して粘膜を休ませ、柔らかい歯ブラシでマッサージしましょう。
歯を抜いたままにしておくとどうなるの?
歯を抜いたまま放置すると、隣の歯が傾いてきたり、移動したり、グラグラしてきたり、噛む相手側の歯が伸びてきてしまったりします。また、物を噛む”力”は奥歯が1本なくなっただけでも全ての歯が生え揃っている場合の2割程度に減少してしまいます。さらに、食べづらくなるばかりか筋肉や顎の関節に障害をもたらす場合もあります。

入門講座 症例で学ぶ中医学

1月の中医学講座では木本先生が治療した4症例と重松会松本病院(広島県)の岡崎先生が経験した2症例を検討しました。木本先生の症例を1つ紹介します。

73歳、女性、糖尿病、C型肝炎、肝硬変、食奥不振、体重減少、寒熱普通、慢性的な頭頂部頭痛、不眠、立ちくらみ、こむら返り、食が細い、食後に体がかっと熱くなる、口内炎がよくできる、日中に体がだるく寝ていたい、落ち着きなく動き回る、両膝痛、両下肢の痺れ、微熱、大量の寝汗、風邪をひきやすい、手足はやや冷たい、便秘で排便は6日に1度、浮腫なし、のぼせなし、手足のほてりなし、舌淡白、舌体痩、苔薄白、舌下静脈怒張、脈浮弦細、不眠、立ちくらみ、風邪をひきやすい、手足はやや冷たい、舌淡白、舌体痩、苔薄白、脈浮弦細は血虚の症状です。血虚で虚熱が生じて陰液が不足することから、微熱、大量の寝汗、食後に体がかっと熱くなる、口内炎、落ち着きなく動き回る、便秘で排便は6日に1度といった症状が生じます。また、血虚と気虚のために血瘀が生じ、こむら返り、両膝痛、両下肢の痺れが生じます。血を補うことが必要ですが、そのためには同時に気を補うことが必要です。このような気血両虚に対しは血虚を補う四物湯と気虚を補う四君子湯を合法した八珍湯が有効です。八珍湯は保険適用ではないので、保険適応のエキス剤を用いるのであれば十全大補湯になります。

 

Walden Woods Kyoto

先日、京都に立ち寄った際、河原町花屋町にある白いカフェ『Walden Woods Kyoto』に行ってきました。
カフェにあるすべてのものが真っ白で素敵な空間でした。テーブルが無く、みんな思い思いの席についてお茶をしていました。
とても居心地のいい空間でした。

 

ベニバナインゲン

大阪大学薬学部薬用植物園の片隅で咲いていました。中南米の高地が原産で江戸時代末期に観賞用として日本に持ち込まれました。赤紫色をした豆が取れ、食用ともなります。

含歯性嚢胞の摘出手術後のリンパ節の腫れ

【相談者】2017年8月5日 M
今年2月に含歯性嚢胞の摘出手術を受けました。術後、担当医からもかなりひどいと言われるほどのはれと痛みがありました。術後半年経過でCTにより骨の形成確認をし、順調に快復し問題ないといわれましたが、まだ若干治療患部口腔内の腫れと痛みがのこっており違和感があるのと、リンパに腫れがあり顎部分も腫れがあります。微熱などはありません。

担当医からは術後の後遺症で、リンパの腫れは今回の治療とは無関係と説明されていますが、他にそのような要因が起こる病気やケガはありません。このまま放置しても大丈夫なのか心配ですし、このまま我慢するしかないのでしょうか。アドバイスをお願いします。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也
含歯性嚢胞は顎骨の内部にできる胞性歯嚢胞の一種で、嚢胞腔内部に歯冠が含まれることが特徴です。嚢胞の摘出後、順調に治る場合は嚢胞腔に骨が添加して顎骨に生じた空洞がなくなり完治します。術後半年が経過し、そのような状況が確認されたことは何よりですね。

さてリンパ節の腫れについてですが、術直後は相当な腫れと痛みが生じたようですね。同時にリンパ節も腫大しやすい時期ですが、通常は時間の経過とともにリンパ節の腫れがひき、元の正常な状態に戻るものです。

術後半年経ってもなおリンパ節が腫れているのは術後の治療によるものではなく、他に何らかの異常があると推察します。含歯性嚢胞はリンパ節の腫れの原因ではなさそうですね。

リンパ節が腫れる原因はさまざまですが、最も多いのは細菌感染による反応性のリンパ節炎です。口の中やのど、鼻、眼、顔面などに何らかの細菌感染があるのかもしれませんし、真菌やウイルス感染の可能性もあります。

それ以外ではリンパ上皮性嚢胞や亜急性壊死性リンパ節炎などがありますが、最も注意が必要なのは悪性リンパ腫やがんのリンパ節転移です。

遠隔地カウンセリング

紹介された強迫性障害のクライアントは外国に住んでいたため、初回の面談を除きスカイプで面談が継続されていました。スカイプでの面談は電話を通じて面談するよりは直接面談している雰囲気に近く、安心感があります。直接会うよりも目を合わせにくいとか、自分の画像も画面に映ってしまうといった欠点もありますが、フェードイン・フェードアウトといったフェーディングがしにくいという点が問題なようです。