顎周辺の筋肉が肩こりのように痛み出しました

相談: (60歳 女性)

こんにちは。インターネットで拝見いたしました。15、6年前に下の奥歯両方をかぶせた後に、顎周辺の筋肉が肩こりのように痛み出しました。いくつもの口腔外科に行っても、「原因不明」と言われるのみでした。

今は、ますます痛みがひどくなり、顔全体に痛みが広がりました。下の歯茎の腫れも時々出るようになりました。肩こりもひどくなりました。耳の後ろのリンパも毎日のようにひどく痛みます。

原因と治療方法を教えていただけますでしょうか?他に頼れるところもありません。どうぞよろしくお願いいたします。

回答:口腔内科 樋口均也

治療を受けた両側下顎臼歯部には、痛みの原因となるような異常は見当たらないようですから、原因は歯ではなく筋肉の凝りや痛みにあると考えられます。歯ぎしりや食いしばりがある場合にこのような筋・筋肉痛が生じるケースが多く、さらにストレスが加わると症状を悪化させてしまいます。

対処法としては、肩に力が入らないように筋肉の緊張を解き、上下の歯が接触しないように注意することです。歯ぎしりには「ナイトガード」という装置が有効で、夜間に使用すると筋肉に加わる負担を軽減することができます。また、ストレスを緩和するとより早い改善が期待できます。

セリ

セリ科セリ属セリ

茨木市昆陽池の畔で咲いていました。春の七草の一つで、春先の若い茎を食用とします。花が咲くのは7月~8月です。

セリ科へ戻る

雑草図鑑2へ戻る

 

アゼガヤツリ

カヤツリグサ科カヤツリグサ属アゼガヤツリ

南丹市園部町の路上で見かけました。花序枝の先に10個前後の小穂をつけます。小穂はカヤツリグサの中では長い部類です。

 

箕面市萱野の草むらで見かけました

箕面市萱野の草むらで見かけました

茨木市桑原の草むらで見かけました。

カヤツリグサ科へ戻る

雑草図鑑1-2へ戻る

 

山梔子の修治

クチナシの花の種子を乾燥して生薬にしたものが山梔子です。実が熟しても殻がはじけずに口が開かないことからクチナシの名がつきました。実が長いものを水梔子と呼びます。

山梔子が入った漢方薬を5年以上服用していた症例で腸間膜静脈硬化症が生じることがあると報告されています。山梔子に含まれるゲニポシドが原因であろうといわれています。副作用対策として、「殻を取る」「炙する」といった修治が有効ではないでしょうか。

 

お盆明け

お盆が過ぎ、本日から診療しております。歯が欠けてしまったり、お痛みが出てしまったりとお盆明けは混み合いますが、キャンセルも出ますので心配な方は一度お電話ください(^_^)

 

 

阿波踊り

お盆休みを利用して、徳島県に阿波踊りをみに行ってきました。女踊りはしなやかに、男踊りは豪快さが伝わって、チームごとにカラーが出ていてみなさんとても楽しそうに踊っていました。出店もたくさんでていて食べながら見れたのが良かったです。

アゼガヤ

イネ科アゼガヤ属アゼガヤ

箕面市石丸の草むらで見かけました。赤紫色を帯びた小穂が四方に広がっています。

 

箕面市萱野の空き地で見かけました

 

イネ科4へ戻る

雑草図鑑1-1へ戻る

 

淡路島の岩屋商店街

海で遊んだあと近くの商店街に行きました。日曜日でほとんどのお店はしまっていましたが、とても可愛い地元の銭湯にいきました。タイルがとても可愛かったです。近くにレモンスカッシュもが飲める元八百屋さんがあり、地元の人や観光客が詰まっていて賑わっていました。

唐厚朴

日本産の厚朴を和厚朴といい、中国産のものは唐厚朴といいます。唐厚朴は香りが強く、厚朴の主な働きである利気作用が強くて上質とされています。和厚朴は理気作用が弱く、利水作用が強いとされます。

 

左の奥歯下の歯茎~舌の左奥が腫れてとても痛い

相談: (50歳 女性)

現在、左の奥歯下の歯茎~舌の左奥が腫れてとても痛く、特に舌の左奥がヒリヒリ痛みます。以前も同じような症状が口内の数カ所でありましたが、こうなってから三日以上経ち、今では食べることすら苦痛です。また関係があるかどうかはわかりませんが、現在、肩がかなり凝っていて、左鎖骨下などにもいつもは感じられないコリ感があります。

そちらにうかがいたいのですが遠すぎるので、三軒茶屋や渋谷の周辺、もしく山手線域内などで信頼のできる病院はありませんでしょうか。教えていただけたら助かります。

回答:口腔内科 樋口均也

歯肉や粘膜がかなり荒れて傷んだ状態であると推察します。粘膜が荒れる原因としては食いしばりや歯ぎしり、ドライマウス、口腔カンジダ症、細菌感染、ウイルス感染、扁平苔癬、歯科金属アレルギー、貧血、亜鉛欠乏症などが考えられます。それぞれの問題点について調べる必要があるため、大学病院や総合病院の口腔外科を受診されることをお勧めします。