大阪の無痛治療歯科医院|阪急茨木市駅前

WEB予約

無痛治療 阪急茨木市駅前 ひぐち歯科クリニック

 

HOME > 虫歯治療法 > 3mix治療法 > 痛みが生じやすい従来の虫歯治療

痛みが生じやすい従来の虫歯治療

従来の治療法では、虫歯のみならず周囲の細菌に侵食された部分まで大きく削り取るのが当然でした。そのため、象牙質まで達した虫歯を治す場合には強い痛みを伴うことから、注射による麻酔が欠かせず、治療に対して恐怖感をおぼえる患者様が多くいらっしゃいました。また、いくら丁寧に削っても細い象牙細管(象牙質を作る管)の中に侵入している細菌まで取り除くのは困難であるため治療に時間がかかり、何度も通院が必要なうえ再発も起こりがちでした。さらに虫歯が歯髄(歯の神経)にまで達している場合には、痛みを抑えるために歯髄を除去する以外に方法がなかったのです。

しかし、歯髄は全身に歯の感覚を伝えつつ栄養 を与え種々多様な細菌から身体を守る、いわば免疫の役割を受け持つ大切な組織です。そのため、歯髄を取ると痛みからは解放されても歯自体がもろくなって虫 歯が再発しやすく、痛みを感じないがゆえに虫歯の進行に気が付かなくなります。また、歯周病に対する抵抗力が低下して歯の根を支える歯槽骨がとけてなくなることから、最終的には抜歯を余儀なくされていたのです。

 

 

ご予約・お問い合わせはこちら ※急患も受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

※メールソフトからお問い合わせの方はこちら『higuchi@web-know.com