大阪の無痛治療歯科医院|阪急茨木市駅前

WEB予約

無痛治療 阪急茨木市駅前 ひぐち歯科クリニック

 

HOME > 虫歯治療法 > 虫歯の無痛修復法 > 歯の正常な部分は削らずに虫歯の部分だけを削除する方法

歯の正常な部分は削らずに虫歯の部分だけを削除する方法

虫歯か否かを判定する方法には、いくつかあります。虫歯の部分は、通常組織が軟化しているため、その部分を削るというのが最もポピュラーな方法です。しかし、この方法では虫歯でない部分まで削りすぎてしまうという問題点があります。

歯が軟らかくなっている部分の大部分は象牙質の第1層(外層)で、虫歯菌に感染している正真正銘の虫歯です。一方で、その周囲の軟らかい第2層(内層)は虫歯菌に侵されていないため、削る必要がない部分です。しかしながら、虫歯の境界部分は虫歯の部分(軟らかい)と正常な部分(硬い)が入り組んでいるため、軟らかさを基準として削った場合には虫歯を取り残してしまう可能性があります。

また、虫歯の部分は茶色や黒に変色している場合があるため、色を頼りに虫歯を削る方法もあります。しかし、この方法は硬さを基準として削る方法よりさらに不確実な方法といえます。それは、虫歯になっているにもかかわらず変色していない部分や、変色しているのに虫歯菌に感染していない場合があるからです。

そこで、虫歯の部分だけを正確に削除する最も確実な方法が「カリエスチェック」という虫歯検知液を用いた判定法です。カリエスチェックを使うことによって取り残しなく虫歯を削り取り、周囲の正常な部分は削らずに残すことができます。そのため、無痛修復法にカリエスチェックは必要不可欠ともいえるのです。

  • 代替画像

 

ご予約・お問い合わせはこちら ※急患も受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

※メールソフトからお問い合わせの方はこちら『higuchi@web-know.com