Menu

無痛治療とは

Home

 

無痛治療とは

無痛治療とは、痛みの不快感が全く無い歯科治療のこと

無痛治療イメージイラスト

通常、歯の治療中に生じる痛みは麻酔注射によって緩和することができます。
そのため、歯科医は痛みが起こりそうな治療になると考えた場合、
あらかじめ十分な麻酔を行って神経を麻痺させておきます。


しかしながら、麻酔を行うための麻酔注射自体に、
針を刺すときの「チクッ」とした痛みや、
麻酔液を注入していく間にも痛みが続くといった難点があります。


そんな麻酔時の痛みさえも取り除いた治療が「無痛治療」なのです。

無痛治療で大切なのは、治療の方針や内容

治療風景

ニューヨークのあるクリニックには「歯科恐怖症患者用外来」があります。我慢を美徳とする日本人にはちょっと考えられないネーミングですが、“痛くない歯科治療”は、もはやアメリカでは一般的となっています。


昨今、日本でも無痛治療が認知されつつありますが、まだまだ一般的な
普及には及ばす、医療機関によってその定義や手法もまちまちで、 統一されていないのが現状です。


したがって、現在無痛治療を検討されている方は、
その医療機関がどのような無痛治療を行うのかをしっかりと
確認されることが重要です。

当クリニックの無痛治療

インフォームド・コンセントを徹底

カウンセリング風景

当クリニックでは、歯科治療に対する患者様の不安や恐怖心を緩和するため“痛みのコントロール”を徹底し、安全性を最重視した無痛治療を行っています。


そのため、診療室(全室個室制です)に入っていただく前に
カウンセリングルームで患者様のお話を十分に伺ったうえで、
具体的な治療に関する相談やご説明を行います。


徹底したインフォームド・コンセント
(説明と同意・患者様の自己決定権の尊重)により、
患者様が歯科治療に対して持つ不安や痛みを緩和するための方法、
また薬で治す無痛虫歯治療「3Mix治療法」など、
たくさんの選択肢の中からどの治療を行うかを相談して決めていきます。

患者様にわかりやすいカウンセリング

カウンセリング風景

カウンセリングでは、口腔内カメラを使用して患者様のお口の状態を
液晶テレビモニターに映し出し、ご自身の問題点を視覚的に
ご確認いただきながらカウンセリングを進めていきます。


このモニターでは、デジタルX線検査の結果を撮影数秒後には
見ることができ、治療の流れをアニメーションで見ることも
できるため、全体像をより深く詳細までご理解いただけます。


歯周組織検査の結果やレントゲン写真は全て印刷し、
お渡しいたします。


このように、患者様の現在の問題点や治療の方法を
あらかじめご説明し、ご了解を得たうえで治療を開始いたします。


※カウンセリング費用として保険の窓口負担金が必要となります
 初診料は500円台、レントゲン検査や歯周組織検査を行うと
 さらに2000~2300円が必要です

できるだけ歯を削らない・神経を取らない・歯を抜かない

カウンセリング風景

治療方針が決まれば、
「できるだけ歯を削らない・神経を取らない・歯を抜かない」
という治療思想に基づき治療を行っていきます。


大学病院や公立病院での舌ガン、歯肉ガンなどの口腔ガンや
その他疾患の豊富な治療・手術経験を生かし、
最新かつ高度な歯科医療技術を提供します。


また、お口の中だけでなく、周辺部も含めて
あらゆる病気の診察を行います。
セカンドオピニオンも受付けておりますので、お気軽にご相談ください。

 

ご予約・お問い合わせはこちら ※急患も受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

※メールソフトからお問い合わせの方はこちら『higuchi@web-know.com