新木本塾

12月の新木本塾では4名の先生が計7症例を報告し、検討しました。広島県尾道市板坂内科小児科医院板坂和雄先生の2症例はいずれも咳嗽が主訴でした。咳嗽に対する弁証論治を幾つか示されました。

弁証:湿邪内盛

論治:去痰除湿

処方:柴朴湯

 

弁証:肝火犯肺、肺気虚

論治:清肝瀉肺、補肺

処方:四逆散、参蘇飲

 

弁証:肝火犯肺、肝気鬱結、宣発粛降不全

論治:疏肝解鬱、化痰

処方:滋陰至宝湯、半夏厚朴湯

 

弁証:肺陰虚

論治:滋陰降火潤肺

処方:麦門冬湯、滋陰降火湯

 

弁証:腎陽虚、腎不納気、寒湿痰

論治:補腎陽、温肺除痰

処方:麻黄附子細辛湯、苓甘姜味辛夏仁湯

 

弁証:腎陽虚、腎不納気、肺気虚

論治:補腎陽、補肺益気

処方:麻黄附子細辛湯、参蘇飲

口を大きく開けるとカクンとなります

質問1

以前から口を大きく開けるとカクンとなります。昨夜から痛みが出てきました。食事は、普通にできます。どのような病気の疑いがありますか?よろしくお願いします

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

耳の穴のすぐ前に顎関節があり、下顎の骨(下顎骨)と頭蓋骨(の一部の側頭骨)のつなぎ目になっています。この関節の内部の骨と骨の間に「関節円板」という靭帯組織があり、クッションのような役割を果たしています。

歯ぎしりや食いしばりがあると、この関節円板が前にずれて(前方転位)、カクンという音がするようになります。この現象を「クリッキング」といいます。クリッキング自体は多くの人に見られ、音がするだけであれば治療の必要はありませんが、口を開け閉めする際に痛みが生じる場合は治療が必要となります。これが顎関節症です。

カクンという音はクリッキングである可能性が高いと推察しますが、他の理由から生じているのかもしれません。顎関節を作る下顎骨の先端部分を下顎突起といい、前方に下顎骨の筋突起があります。この筋突起が大きくなり過ぎると(筋突起過成長、筋突起過形成)、開口時に胸骨とぶつかって音が鳴ることがあります。ぶつかる衝撃や開きにくいのに無理に開けようとすることで痛みが出ることもあります。下顎突起やその周辺部が骨折した場合は、折れた骨同士がこすれて音がして痛みます。

カクンという音はクリッキングで、痛みは別の理由で生じているのかもしれません。顎関節が細菌感染して化膿性顎関節炎や耳下腺炎、中耳炎や外耳炎が生じて可能性も考えられます。

漢方治療 病気・病態 湿熱

湿熱は湿邪と熱邪が結びついて生じます。湿熱はネバネバして停滞するため身体の活動を妨げ、症状を遷延させます。肉の過食でなりやすく、肩凝り、臓苔、炎症、湿疹、アトピー、花粉症などの症状を引き起こします。

湿熱に対して用いる代表的な漢方薬(方剤)は麻黄附子細辛湯、竜胆瀉肝湯、茵蔯蒿湯です。

芭蕉の歌碑

生國魂神社の境内の庭に松尾芭蕉の歌碑がありました。芭蕉は元禄7年(1694年)10月に大坂でなくなりました。その直前の重陽の節句(9月9日)に生國魂神社をお参りして詠んだ句です。

菊に出て

奈良と難波は

闇月夜

漢方治療 病気・病態 虚労

虚労とは体力が衰え、生命力が低下している状態を指す中医学の用語です。虚労に対して用いる生薬には人参、党参、西洋参、太子参、黄耆、百朮、百扁豆、甘草、当帰、熱地黄、白芍、阿膠、竜眼肉、鹿茸、朴骨脂、沙参、麦門冬、玉竹、天門冬、枸杞子があります。

痛みを無くすための麻酔注射が痛い・・・を改善

強い痛みを伴う治療では、多くの場合において事前に麻酔注射を行います。 しかし、この麻酔注射自体に痛みがあるため、治療への一歩を なかなか踏み出すことが出来ないという方が沢山いらっしゃいます。

生國魂神社

EBAC合同研修会の後で近くの生國魂神社を訪ねました。この神社は神武天皇の時代に建てられたそうで、2000年以上の歴史(2600年?)があることになります。近松門左衛門 の「曽根崎心中」の冒頭にも登場します。

注射針の無い注射器『シリジェット』

『シリジェット』は、まず針がありませんので見た目にも恐怖感が抑えられます。使用方法も軽く歯肉に当てて圧力をかけるだけです。麻酔液は高圧ジェット噴流で歯肉の深さ1センチまで浸透させることができます。
少量の麻酔液でスピーディーに効果があらわれますので小さなお子様や持病を持つ患者様にも安心です。

写真の説明はありません。

水素医学

午後に日本分子状水素医学生物学会太田茂男理事長の特別講演を聞きました。高濃度水素吸引療法はドライマウス、口臭の治療に効果がありそうですが、水素吸引の効果は多岐にわたります。

水素と酸素が結びついて水ができることから、水素が活性酸素を取り除く働きがあることは私にも想像できます。これだけではなく、水素には抗炎症作用、エネルギー代謝促進作用、抗アレルギー作用、抗細胞死作用、オートファジー制御機構があることがわかっています。

がん、糖尿病、アルツハイマー病、心筋梗塞、パーキンソン病などさまざまな病気に対して水素は効果があるようです。健康な人に対しても、疲労回復、ストレス低下、ダイエット効果などがあるようです。

亜鉛

硫酸亜鉛、ピコリン酸亜鉛、グルコン酸亜鉛、酢酸亜鉛

亜鉛サプリメント

ポラグレジング(胃潰瘍治療薬)