細岡展望台

釧路湿原は日本最大の湿原です。ですので、湿原好きには夢のような土地です。

細岡展望台

細岡展望台

細岡展望台

細岡展望台

細岡展望台

顎関節症の症状(関節雑音)

次に挙げる症状は、顎の関節が発する雑音です。「コリッ」「ポキッ」「カクッ」というような音がクリッキングで、「ザラザラ」「ギシギシ」という小さな音がクレピタスです。クリッキングは、下顎頭が前方にずれた関節円板を乗り越えるときに生じる音です。また、クレピタスは骨と骨同士(下顎頭と下顎窩)が擦れあうときに生じる音です。

このような雑音は、関節円板が前方(ときに側方)にずれることがきっかけで発生します。口を閉じたときには関節円板が前方にずれていて(関節円板前方転位)、口を開けると正常な位置に戻る場合はクリッキング が生じます。口を開けても関節円板が前方にずれたままであれば、雑音は生じませんが、前方にずれた関節円板が開口運動を邪魔し、下顎頭が前方に移動できなくなると開口障害が生じます。これがクローズドロックです。関節円板が前方にずれると、関節円板の後方にある円板後部組織が下顎頭と下顎窩に挟まれて傷つき、穴が開くことがあります。その結果、クレピタスが生じます。円板後部組織が傷つくと、それが原因で痛みが生じることもあります。

顎関節症の症状(関節痛と筋痛)

症状の初期には痛みが見られますが、顎の関節の痛みだけではなく、顎の周囲にも痛みを感じることが特徴です。また、口の開閉や食べ物の咀嚼に関係している筋肉の痛みが加わると、筋緊張性の頭痛や首・肩の凝りが引き起こされる場合もあります。これらの痛みが顎を動かすと襲ってくるのです。

関節痛は顎関節の滑膜、円板後部組織、関節靭帯、関節包の炎症や外傷によって生じます。筋痛は筋筋膜痛ともいい、筋痛が生じる原因として以下が推測されます。

筋肉の過剰使用
筋肉の虚血
交感神経反射による血液供給、筋緊張の変化
心理的状態の変化

 

 

心療内科セミナー

九州大学心療内科が主催する「夏期オリエンテーションレクチャー」を受講しました。福岡まで行ったのではなく、WEBで、無料で、いろいろと勉強できました。土曜日の午後と日曜日の午前に行われたのですが、土曜の午後は他の先生たちに診療を任せてスタッフルームで講義を聞きました。WEBのセミナーは本当に便利でよいものです。

 

受講者は200名ほどで若い人ばかりでした。ちょうど研修医のマッチングの時期ですが、リクルートを兼ねているのでしょうか。

 

http://www.cephal.med.kyushu-u.ac.jp/information/detail/?masterid=21

顎関節症とは?

顎関節症とは口を開閉するときに動くあご(顎)の関節、すなわち顎関節に次のような症状が見られる病気のことをいいます。

  • 顎が痛い(顎関節痛)
  • 顎の関節で変な雑音がする
  • 口が開かないなどの運動障害がある

これらの症状のうち、いずれかひとつでも該当すれば、顎関節症である可能性があります。ただし顎の骨折、顎関節の脱臼、打撲、感染、腫瘍、関節リウマチ、その他先天性の異常などがある場合は顎関節症ではありません。これらの病気ではないにもかかわらず、上記の症状が見られる場合を顎関節症といいます。

顎関節とは口を開け閉めしたり、物を食べたり話したり、また下顎を動かす関節でもあり、両耳のすぐ前方にあります。よく誤解されることですが、上顎を動かすことはできません。 ところで、下顎の最後部には下顎頭という細長い部分があり、これが回転しながら前方に移動することによって下顎が動きます。また、下顎頭の上にある頭蓋骨が窪んで下顎頭がすっぽりと収まる場所を、側頭骨の下顎窩といいます。つまり、顎関節は下顎骨と側頭骨という二つの骨からできているのです。 また、顎関節は関節包という靭帯と外側翼突筋で覆われ、内部の関節腔には関節円板、前部付着装置、後部付着装置、そして関節液などが入っています。

知床岬

クルーズ船はカムイワッカの滝までの1時間コース、ルシャ川までの2時間コース、知床岬までの3時間コースがあります。知床岬までのコースに乗船したのですが、台風並みの強雨にあおられ、ルシャ川で引き返さざるを得ませんでした。ウトロ港に帰港後、差額を返金してもらいました。

知床岬

急に口がしょっぱく感じ唾液が泡泡になりました

相談: (60代 女性)
3年ほど前、急に口がしょっぱく感じ唾液が泡泡になりました。ではゼリー状の唾液が上顎にくっつきとても不快です。しかも、口渇とドロドロ出すぎを繰り返しています。

大学病院で唾液分泌量、血液検査をしました。結果は「あなたは唾液も出てるし正常です。睡眠薬は関係ありません」でした。自分では唾液の性状が変わったと思います。睡眠薬を飲んでいるので減薬しています。なにか手がありがあれば教えてください。

回答:口腔内科 樋口均也
口の乾きや唾液の異常からドライマウスが疑われます。ドライマウスになると味覚の変化がよく見られますが、大学病院の唾液検査で異常が見当たらなかったようですね。唾液検査の際にガムかガーゼを噛み、出てきた唾液を採取して分泌量を測定したのではないかと推察しますが、この方法を刺激時唾液分泌量の測定といいます。何も噛まないで自然に出てきた唾液の量を調べる安静時唾液量の測定もあります。ドライマウスの場合は刺激時唾液量は正常でも、安静時唾液量が異常である場合も珍しくありません。

安静時唾液量はストレスや緊張、食いしばりによって減少しますが、これらを改善できれば症状が軽快する可能性はあります。ドライマウスや味覚障害に対しては漢方薬が有効で、味覚障害に対しては亜鉛の補充を行うとよいでしょう。

感覚の異常から生じる口の渇きや味覚異常に対しては、抗うつ薬の内服が効果的です。

蝶形兆候

全身性紅斑性狼瘡(SLE)の特徴的な所見に顔面が赤くなるbutterfly rash(蝶形紅斑)があります。 肝臓や肺の病気でbutterfly sign(蝶形像)や butterfly shadow(蝶形陰影)というのもあります。

咽頭梅毒でbutterfly appearance(蝶形兆候)というのもあるようです。梅毒2期に軟口蓋後方部の粘膜が蝶の形に白くなることを指します。

この症例では初診9か月前に陰部潰瘍と咽頭部違和感が出現し、性病科を受診しました。7か月前には全身の皮膚の発疹と掻痒感が出現し、皮膚科を受診しました。3か月前には咽頭痛と鼻腔の痂皮形成が生じ、耳鼻咽喉科を受診しました。しかし、いずれも梅毒の診断には至りませんでした。口腔外科受診時に蝶形兆候が現れていたことが決め手となり、ようやく梅毒と診断されました。梅毒の診断は難しいようです。

蝶形兆候

ヒグマ

知床半島の海岸沿いの大部分は高さ100mの断崖絶壁が続きます。ルシャ川の流域は珍しく広い谷が形成されています。この谷をサケが遡上するため、それを狙うヒクマが出没します。秋の産卵時期には間がある真夏の間はサケが遡上しないので、ヒグマを見るチャンスを限られているそうです。この日は運よくヒグマに出会えました。

ヒグマ

ヒグマ

ヒグマ

SOSORO(ソーソーロ) DX 

当院で取り扱っている商品がコロナウィルスの影響で容器に欠品が出ており、一時的に別容器での販売となります。
すべて国内生産に切り替わっており、内容は一切変更ありません。
SOSORO(ソーソーロ) DX