エボラ出血熱

Share on Facebook

新聞記事 エボラ出血熱

1976年にコンゴ民主共和国で発見されたエボラ出血熱がとうとうアフリカの西端まで拡大しました。このニュースはハワイ滞在中で最もショッキングな悪い知らせでした。医療従事者も多数感染しているようです。発病者と共に病棟内に隔離されているであろう医者や看護師はどうなったでしょう。

 

院長近況6-3 新聞記事一覧へ戻る

院長近況6 家族揃ってのハワイ旅行へ戻る

コメントは受け付けていません。