VIP扱い

Share on Facebook

VIP扱い
北京の空港につくとKINYA HIGUCHIと書いた紙を掲げ持った若い女性2人が出迎えてくれました。聞くと北京大学口腔学部の学生で、学会のスタッフとして講演発表者を空港から会場のホテルまで送迎する役目を負っていると言っていました。

ホテルに到着し学会の受付に行くと、首からぶら下げるネームカードを渡され、その下には氏名やoral presentaionの記載の他にVIPと印刷されていました。VIPと明記されたことも、VIP扱いされたことも初めてです。

 

 

アジア予防歯科学会へ進む

院長近況7-1 AAPDへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

 

 

コメントは受け付けていません。