手紋診病2

Share on Facebook

健康状態は良好で、80~90歳までは長生きできる

ガンにはならない

不整脈があるが、心疾患で死ぬことはない

胃腸が弱いので温かいものを食べた方がよく、夏でも冷たい飲食物は禁物

気管に問題があり、咳や痰が出やすい

肝胆の病気の可能性がある

腰を痛める恐れがある

 

指や手相を見てもらった結果がこのような内容でした。昨年までの人間ドックの結果や現在の健康状態を考えると、不整脈や気管、肝胆といった問題はないようですが、この見立ては当たっているのでしょうか。ここまでみてもらって中国語で盛んに何か伝えようとしています。よく聞いてみると、追加で100元払ってくれということでした。料金システムがわからないので、言われるままに支払って、早々に退散しました。

不会講へ進む

院長近況7-2 北京へ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

 

コメントは受け付けていません。