塔爾寺(タール寺)

Share on Facebook


チベット仏教最大の宗派であるゲルク派の創始者、ツォンカパが生まれた土地に作られたお寺です。タールは「塔の後にできました」という意味でツォンカパが 生まれた近くの菩提樹の回りを土で塗り固めて塔を作ったものが、広大な寺に発展しました。ツォンカパの弟子にダライ・ラマとパンツェン・ラマがいま

タール寺の8基の塔へ進む

院長近況7-3 青海省へ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

 

コメントは受け付けていません。