セラ寺の問答

Share on Facebook


3時になると中庭が開き、待ち受けていた観光客が中に入って中庭を取り巻くように並んで問答が始まるのを待ち受けました。そこへ小僧さんが続々と入ってきて、地べたに座布団を敷き座り込みました。少し年長のそれでも若いお坊さんたちが入って来て問答が始まりました。

問答の際に聞き手が手の甲を上にして手をたたけば正解、掌を上にしてたたけば不正解、手をたたいた後にすりこ木をこするように手を回せば見当外れということになります。チベット語がわからなくても問答の正否がこの様子でわかりました

河口慧海へ進む

院長近況7-4 チベットへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

 

 

コメントは受け付けていません。