尼寺2

Share on Facebook

アニ・ツァングン寺の茶店で甜茶(ヤクのミルク入り)店員は全員尼さんが勤めていました。甜茶は魔法瓶1本に丸ごと入れてあったので、ガイドの才華加さんと二人で何杯も頂きました。お客は全てチベット人か漢民族のようで、日本人や欧米人の観光客は見かけませんでした。このヤクのミルクはかなり臭みがあり、日本人の多くは飲めそうにありません。

 

ヤムドク湖1へ進む

院長近況7-4 チベットへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

コメントは受け付けていません。