ヤク 

Share on Facebook

ヤク
ヤムドク湖の畔で10元を払ってヤクの背に乗せてもらいました。とてもおとなしく身動き一つしません。ヤクの毛から作る繊維は高級品だといい、ラサ市内の 土産物屋では100万円程の値札が掛かっていました。ヤクは農作業や物資の運搬にも使われていました。ミルクやバター、ヨーグルト、チーズなどの乳製品や ヤクの肉も人気です。日本人にとっては羊より強い臭みがあり、ハードルが高い食物です。ヤギのチーズが好きであれば、ヤクもいけると思います。

写真目当ての観光客用にチベット犬もいました。毛深くて大型の犬で、高いものは200万元(3600万円)もするといいます。

チベット人の民家1へ進む

院長近況7-4 チベットへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

コメントは受け付けていません。