ペスト

Share on Facebook


アルベール・カミュのノーベル賞授賞作です。エボラ出血熱が猛威を振るう中、時代はや病気は異なりますが、致死的な伝染病に立ち向かう医者の姿を読む間、熱帯アフリカの医療現場に思いをはせていました。

ペストの流行で閉鎖されたアルジェリア・オランの町の住民の人間模様を描いた小説です。チベットを旅する間に読みました。チベットの進出した漢民族に経済 的に支配され貧しい状況に閉じ込められたチベット人や共産党に支配され政治的な自由のない社会に閉じ込められた中国人の状況を投影しながら、読み進めまし た。

餃子の具へ進む

院長近況7-4 チベットへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

コメントは受け付けていません。