チベットの雑草

Share on Facebook


ラサは標高3665mの高地にある都市です。当地の花は高山植物ばかりかと思いきや、ポタラ宮で見かけた雑草は日本でみるものと同じでした。コスモス、ハ キダメギク、オオハコギク、ミヤコグサどれもこれもお馴染みで、なぜこんな高地で生き抜くことができるのだろうかと不思議に思い考えてみました。

ラサは日本よりかなり南に位置し、チベットの南東部には熱帯地方もあります。そのため、標高は高くても気温は日本とそれほど変わらないのです。防寒対策をし過ぎていたことに気付いてしまいました。

lonely planetへ進む

院長近況7-4 チベットへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

コメントは受け付けていません。