法輪と鹿

Share on Facebook

法輪と鹿
お寺の屋根の上などで、チベット仏教のシンボルとして、金ぴかの法輪と鹿を見かけます。法輪とはお釈迦様の教えを象徴していて、正しい理解、正しい態度、 正しい語り、正しい行い、正しい努力、正しい注意、正しい瞑想を表すとされています。鹿はお釈迦様が初めて説法をした聖地サルナート(鹿野苑)に野生の鹿 が多数いたことから、こちらもお釈迦様の教えの象徴とされています。

ダライ・ラマ6世へ進む

院長近況7-4 チベットへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

コメントは受け付けていません。