チベット医学3

Share on Facebook


外科・肛腸科の次は3階の口腔科を訪ねました。最初にのぞいた診療室では治療の真っ最中で用件を伝えるとあちらの部屋に行ってみろと言われ、指定された診 療室へ行くと無人で奥の技工室で技工している人が2人いました。用件を伝えると1人が席を立って診療室の方で機器を見せてくれたり質問に答えてくれたりし ました。

歯科診療ユニットや器材は時代遅れで目ぼしいものがなかったのはいたし方ないところでしょう。歯の治療に関しては西洋医学で行っていますが、薬の一部はチ ベット薬を処方していると言っていました。チベット薬を使うのは舌痛症やドライマウスなどで、チベット人の患者さんは西洋薬よりもチベット薬を使用してい るということでした。

四部医典へ進む

院長近況7-4 チベットへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

コメントは受け付けていません。