ポタラ宮2

Share on Facebook

ポタラ宮の壁は白や赤の顔料で塗装されています。殺生を嫌うため、蟻などが死なないように安全な顔料しか用いられていないということです。ポタラ宮は石、土、木で建築され、釘などの金属は一切用いられていなません。高い壁の下部は厚く上部は薄くなっていて、重量を軽減するつくりとなっています。

屋根の下はイネ科のワラ束で作られていて、赤い顔料が塗られています。ポタラ宮の床は土と小石を混ぜて大勢でつき固めて作られ、表面はバターと顔料が塗られ、光沢を放っています。

国慶節1へ進む

院長近況7-4 チベットへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。