国慶節2

Share on Facebook

共産党は各民族の政治的平等や民族固有の文化の尊重を国是とし、チベットでもそのようなシステムを構築しています。しかし、いかに共産党が強権を発揮しても古くからある漢民族とチベット人の格差を解消することは不可能です。そのため、結果的に漢民族がチベットの経済的実権を握り、経済的にチベット人を支配している現状があります。それに対する反発がチベット独立運動へとつながっているのでしょう。この点がスコットランドとの状況の相違です。

 

日本による占領 へ進む

院長近況7-4 チベットへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

コメントは受け付けていません。