HIV陽性者からの臓器移植

Share on Facebook

HIV陽性の脳死者の肝臓と腎臓がそれぞれHIV陽性患者に移植されました。腎移植は南アフリカで前例がありますが、肝移植については世界初の成功例です。全米臓器共有ネットワークの承認を得て試みられた治験です。手術の経過は良好で一人はすでに退院しているそうです。

エイズはウィルスによる感染症ですが免疫の病気でもあります。手術をすること、他人の臓器が体に入ること、免疫抑制剤を用いることの影響はどうなるのでしょうか。残念ながらこの記事にはこれらの点については述べられていません。

ホームレスの家財道具へ進む

院長近況8-4 新聞記事へ戻る

院長近況8 結婚20周年記念ハワイ旅行へ 戻る

コメントは受け付けていません。