ハワイプランテーションビレッジ

Share on Facebook

オアフ島西部のハワイプランテーションビレッジを訪ねてみました。砂糖で農園を再現したもので1992年にオープンしました。日系人のガイドに案内してもらい、1時間かけて園内を見て回りました。

ハワイの砂糖プランテーションは米本土の資本で1835年に始まりました。当初は現地の住民が労働者として雇われましたが、チフスに罹って大部分が亡くなりました。これを補うため中国人男性が連れて来られました。その後、アゾレス諸島のポルトガル人、日本人、朝鮮人、ノルウェー人、プエルトルコ人、フィリピン人と順番に労働者として働きに来ました。
ニコス、ピア38へ進む

院長近況8-2 ハワイの食へ戻る

院長近況8 結婚20周年記念ハワイ旅行へ 戻る

コメントは受け付けていません。