少数民族

Share on Facebook

青海省の人口の8割は漢民族が占めます。他に回族、チベット族、モンゴル族、サラーム族、土族、ウイグル族が住んでいて、都市を除く大部分の土地は少数民族の自治州になっています。サラーム族はペルシャ系でイスラム教を信じ、土族はチベット仏教を信じています。この二つの民族は青海省にのみ住んでいて、文字を持ちません。

子供の数へ進む

院長近況7-3 青海省へ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

コメントは受け付けていません。