青蔵鉄道1

Share on Facebook

青海省の省都西寧からチベット自治区の首府ラサまでの1956㎞の区間を青蔵鉄道で旅しました。2006年に開通した青臓鉄道の最高地点は5000mを超え、標高5068mにあるタングラ(唐古拉)駅は世界一高い地点にある鉄道駅です。標高が高いために高山病の危険があり、ベッドサイドには酸素吸入できるように配管されていました。車内には医師と看

護師が同乗しているそうです。

青臓鉄道2へ進む

院長近況7-3 青海省へ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

 

コメントは受け付けていません。