四部医典

Share on Facebook

ラサの書店で四部医典の漢語訳を購入しました。8世紀のメーアクツォム王の治世にインドからユトク・ニンマ・ヨテンゴンポ医師が招かれました。彼は20年制のチベット医学の学校を設立して多くの医師を育てた上で、チベット各地や諸外国を旅して調査研究し、チベット医学の理論を発展させました。その集大成として編纂されたのが『ギュ・シ』であり、漢語では四部医典と訳されています。

 

四部医典は「世に出すのはまだ早い」とされ、300年間もその存在が秘匿されていました。現在でもチベット医学の教科書は現在もこの四部医典のみであり、コーランのような存在です。チベット医学を学ぶ医学生は1冊丸ごと暗誦できなければ、医師免許を与えてもらえません。暗唱には早口でも4時間かかるといいます。

チベット医学の診察法へ進む

院長近況7-4 チベットへ戻る

院長近況7 北京・チベットへ戻る

コメントは受け付けていません。