チベット医学の病名

Share on Facebook

チベット医学では1600種の病気を診断し、治療していきます。四部医典には代表的な病気が記載されているので、その一部を紹介します。

 

隆病、赤巴病、培根病、隆熱病、紫色培根症、血液病、黄水病、虚熱症、混濁熱証、虫病、消化不良、水腫病、膿瘍、腹瀉症、麻風病、蚤熱病、拡展熱症、瘟熱病、癘熱症、急性疼痛、中毒、肉中毒、未成熟熱証、陳旧熱証、隠伏熱証、瘡瘍発熱、外傷病、嘔吐症

コメントは受け付けていません。