ネフロスペルマ・ヴァン・ホーテアヌム

Share on Facebook

セーシェル諸島の10の島にのみ生えている固有種の椰子の木です。その名の由来となったのはベルギー人の園芸家、ルイ・ヴァン・ホウテ(1810-1876)であり、彼はブリュッセル植物園のために働き、園芸雑誌、”Flore des serres et des Jardins de l’Europe”を創刊しました。

 

パンダナスへ進む

院長近況8-3 熱帯の植物へ戻る

院長近況8 結婚20周年記念ハワイ旅行へ 戻る

コメントは受け付けていません。