ソーセージの木

Share on Facebook

木に何かがぶら下げてあるのかなと近寄ってみるとソーセージ(のような)実がぶら下がっていました。この木はモザンビークのバンツー語ではkigeli-keiaといいますが、sausage treeやcucumber treeという名の方が有名です。

ソーセージのようなこの実はフルーツとして食用にされることはありませんが、野生動物の食糧とはなるようです。瀉下作用があるため、人間は便秘の際に薬として使います。

 

キンシャチへ進む

院長近況8-3 熱帯の植物へ戻る

院長近況8 結婚20周年記念ハワイ旅行へ 戻る

コメントは受け付けていません。