オオダイコンソウ

Share on Facebook

バラ科ダイコンソウ属オオダイコンソウ

比叡山延暦寺の草むらで咲いていました。根生葉(根際から生える一番低い位置にある葉)が大根に似ているため、この名が付きました。オオダイコンソウの近縁種にダイコンソウがあり、これを生薬にしたものを水楊梅といいます。水楊梅は利尿、止瀉作用があり、腎臓病や下痢に用います。

oodaikonsou1

oodaikonsou2

oodaikonsou3

バラ科へ戻る

雑草図鑑3へ戻る

 

コメントは受け付けていません。