ゲートコントロール1

Share on Facebook

末梢で生じた痛みは脊髄後角や三叉神経節などのシナプスを介して脳に伝わります。このシナップスで痛みの伝達を強めたり弱めたりする働きがあり、この働きをゲートコントロールといいます。

ゲートコントロールの門番をしているのは脊髄後角に存在するSG細胞と下降抑制系の抑制性ニューロンです。脊髄後角の膠様質(substantia gelatinosa:SG)のSG細胞は抑制性介在ニューロンとしての役割を担っています。このSG細胞は触角を伝える太い神経線維であるAβ線維とも痛みを伝える細い神経線維であるAδ線維、C線維ともつながっています。

コメントは受け付けていません。