被養育体験と人生に対する構え

Share on Facebook

この論文では慢性疼痛に関連する心理的な問題をいくつか取り上げています。

理不尽なストレスに対する怒りの表出不全
被養育体験と愛着
アレキシサイミアと理不尽感

被養育体験についてですが、ケアが濃厚で干渉が少ない方がよいとされています。この逆のほったらかしで口うるさい親は最悪です。「低ケア」で自分を支えてもらえないと「自己否定」の認知が生まれやすくなります。「高過干渉」だと、自分の考えに自信が持てず、他からの防衛を常に意識して他者の言葉に反抗する「他者否定」の認知が生まれやすくなります。

hiyouikutaiken

コメントは受け付けていません。