何となく元気がない

Share on Facebook

岡山市「岡村一心堂病院」内科の中圭介先生が5症例準備されてきて時間の関係上そのうちの2症例を紹介されました。

症例1 不眠、食欲不振、体重減少
木乗土、痰熱内擾
黄連温胆湯 + 逍遥散 + 越脾丸 で去邪
竹筎温胆湯 + 黄連解毒湯 + 小柴胡湯 + 香蘇散 で扶正
木乗土とは木(肝)のストレスが土(脾)を傷める状態のことを言います。
中先生は針治療と電気針も併用されました。

症例2 気管支炎、倦怠感
阻滞、脾腎毀損、痰熱内蘊
清肝湯 + 半夏厚朴湯 + 腸癕湯 + 柴陥湯 + 参蘇飲
針治療、電気針

https://www.isshin.or.jp/okamura/nakadr.html

コメントは受け付けていません。