虫歯を削った後、銀色の詰め物(インレー)を入れたくない方へ

Share on Facebook

このタイトルを見てこのページに来られたあなたは、虫歯ができてしまって歯を治さなくてはいけなくなった、まさにそのさなかにいらっしゃると思います。

「虫歯は治さなくてはいけない」 「虫歯を削った後には穴があいてしまう」 「穴は塞いで元のような形に戻し、再び噛めるようにしたい」

当然そう考えているはずです。同時に次のようなことも考えているでしょう。

「銀歯で穴を塞ぐのだろう」 あるいは、 「歯医者で診てもらったら、虫歯を削って銀色の詰め物を入れるといわれた」 あるいは、 「家族の口の中を見ると、歯の一部が銀色になっている」

というようなことから、虫歯を治せばそこに銀を詰めるのだと。そして、憂うつになります。

「虫歯を治すのは必要だが、銀歯は入れたくないな。見た目が変だもの!」

確かにその通りだと思います。服に穴があいてその部分を直す際は生地と同じ色の糸で繕いますよね。家の壁の傷や自動車の車体の傷を直す際も同じ色の壁材や塗装剤をぬりますよね。歯に開いた穴でも歯と同じ色の材料で直すのが当たり前、銀色なんて論外と感じるでしょう。当然と言えば、至極当然の考え方だと思います。

しかし、現実には銀色の詰め物が入ることが多いのです。変ですよね。と言ってしまえばおしまいなので、銀色の詰め物が入る理由をご説明いたします。銀色の詰め物の正体は「金銀パラジウム合金」です。保険で歯に詰め物を入れたり、被せ物をしたりする際にはたいていこの金銀パラジウム合金が使われます。というか、保険ではこれ以外にもっとよいものがないので、必然的にこの金属が使われるのです。

「歯と同じ色の材料で直せないの?」

と、ここまで読んで疑問に思われるでしょう。実は歯と同じように白い材料で直す方法が幾つかあるのです。歯と同じ色をしていて質がよい材料はセラミックです。虫歯を削って形を整えた穴の歯型を採って石膏模型を作成し、歯科技工所でセラミックインレーを作ります。次の治療日に出来上がったセラミックインレーをレジンセメントで歯に接着し、穴を埋めるのです。こうすれば、元の歯の形、歯の色に復元できます。セラミックインレーは見た目がよくて硬くて丈夫で汚れが付きにくく、細菌が繁殖しにくいという優れものです。ただし、保険がきかないため高価だという問題があります。したがって、治療費がかかってもよいものを入れたいという方にはセラミックインレーがお勧めです。

セラミックインレーがお勧めと書いた矢先で言いにくいのですが、インレーを作って入れるという以外の治療法もあります。虫歯を削った穴にコンポジット・レジンという樹脂を直接詰めるという方法です。歯科用語で「レジン充填」という方法ですが、この方法にはインレー修復よりもよい点があります。虫歯を削った後にできた穴は凸凹していてそのままではインレーを作って入れることができません。虫歯でない部分も削り足して穴の形をきれいに整えた後にインレーの型取りをします。

「虫歯はもう削ったのに、まだ削らないといけないのか。それは嫌だな」

と感じられた方がいらしたら、レジン充填を検討してください。レジン充填は型取りが要りません。そのため、虫歯を削ったら、その穴を直接コンポジット・レジンで埋めてしまえばもうお終いなのです。余分なところは一切削る必要がありません。治療回数の面でもインレー修復は最低2回かかりますが、レジン充填は1回で済みます。虫歯が深い場合にはレジン充填でも2~3回かかる場合もありますが、そのような場合でもインレー修復よりは1回少なくて済むことに変わりはありません。

「こんないい方法があったのか。早く教えて欲しかった」

とお思いでしょう。確かによい方法です。しかし、ものごとには常に問題が付きまとうものです。残念ながら、夢のようなこのレジン充填も、その例外ではありません。今一度、考えてみてください。レジン充填が理想的な治療であるとすれば、インレー修復なんて誰もしないのではないでしょうか。しかし、そんなことはなく、日本中でインレー修復が日常的に行われています。ここまで読んで、レジン充填に何か問題があるから、インレー修復を選ばざるを得ないのだろう、と想像されたと思います。その通りです。レジン充填には得意分野と不得意分野があり、レジン充填が難しい場合はインレー修復が選ばれるのです。

歯の真ん中にできた虫歯の穴を歯科の専門用語で「1級窩洞」といいます。この場合はレジン充填が行われます。インレーになることはあまりありません。隣の歯と接触する部分にできた虫歯の穴は「2級窩洞」といいます。この場合はレジンを詰めたり、詰めたレジンをきれいに磨いたりすることがかなり難しくなります。また、隣との歯の間に隙間ができて物が詰まりやすくなる場合があり、そうならないようにレジンをしっかりと詰めるのは難しい作業なのです。そのためにより簡単なインレー修復が選択されるのです。虫歯以外の部分を余分に削る欠点よりも、歯科技工所で精密に適切な形態で作られたインレーを詰める方が問題としては少ないというわけです。

「2級窩洞のレジン充填が難しいということだが、何とかそれで直してもらえないの?」

と、ここまで読んでも諦められない方もいらっしゃるでしょう。確かにそれも一理あります。2級窩洞をレジン充填で直せないわけではありません。手間と時間がかかるのでインレーの方を選ぶ方が合理的なだけなのです。保険診療では全国一律にレジン充填やインレー修復の治療費が定められています。虫歯の状態や場所によって簡単に治療できる場合もあれば、大変難しい場合もあります。しかし、簡単な治療でも難しい治療でも治療費は同じです。そうであれば、なるべく簡単に治療できる方法を選択することになり、2級窩洞に対してはインレー修復が選択されることが多くなってしまうのです。

もう一度書きますが、2級窩洞に対してレジン充填することは手間と時間がかかり割に合いません。しかし、歯を削る量を少なくするという点ではインレー修復よりもレジン充填の方が優れていることはゆるぎない事実です。治療回数が少なくて済むという利点もあります。私たちは出来れば2級窩洞をレジン充填で直したいと思っています。その解決策として、保険外の自費治療でレジン充填を行っています。治療費はその分高くなりますが、その代わりに手間と時間をかけた高品質のレジン充填ができるようになるからです。

「必要最小限に歯を削る」「可能であれば、歯を削らないで治す」「なるべく神経を抜かない」「なるべく歯を抜かない」といった方向性でする治療を「MI治療」といいます。「MI」とは“Minimal Intervention”の略です。自費治療でレジン充填することにより、時間と費用がかかる代わりに、白い歯のままで、少ない回数でMI治療が実現できるわけです。

治療費 近心、遠心のいずれか1窩洞  18000円+税(19440円)/ 本

近心、遠心の両方 27000円+税(29160円)/ 本

※「近心」は手前の隣の歯に近い部分、「遠心」は奥の隣の歯に近い部分

コメントは受け付けていません。