虫歯を治した後に食べものが挟まりやすくなった方へ

Share on Facebook

このタイトルを見てこのページに来られたあなたは、虫歯を治してもらったのはよかったが、その後に隣の歯との間に食べものが挟まりやすくなって困られていると思います。食事のたびに食べものが挟まるようでは不便でかないません。爪楊枝や歯ブラシですぐに取り除ければまだましですが、人前で食事していてとり除けないような場合はいつまでも気になって仕方ないでしょう。このような場合には治療をやり直して挟まらないようにしてもらう必要があります。

虫歯にできた穴を詰めて治す方法には2種類あります。その1つは型取りをして銀色や白色のインレーという詰め物を作って、歯に装着する方法です。インレー装着後に食べものが挟まる場合はインレーを作り直して隣の歯としっかり接触させることで直せます。

もう1つはコンポジット・レジンという樹脂を直接詰めるという方法です。歯科用語で「レジン充填」といいますが、レジン充填後に食べものが挟まる場合は充填したレジンを一部削り取ってもう一度詰め直す必要があります。こう書いてしまえば簡単ですが、インレーを作り直すのに比べるとこちらはそう簡単ではありません。レジン充填で隣の歯としっかり接触して食べものが挟まらないようにすることはそう簡単ではないからです。

歯の真ん中にできた虫歯の穴を歯科の専門用語で「1級窩洞」といいます。この場合はレジン充填する部分が隣の歯と接触するわけではないので、治療後に食べものが挟まるという問題は生じません。考えてみれば当たり前のことです。隣の歯と接触する部分にできた虫歯の穴は「2級窩洞」といいます。2級窩洞にレジン充填することは簡単ではありません。隣との歯の間に隙間ができて物が詰まらないようにレジンをしっかりと詰めるのは難しい作業なのです。また、レジンを詰めたり、詰めたレジンをきれいに磨いたりすることがかなり難しくなります。そのためにより簡単なインレー修復が選択されるのです。また、レジン充填後に食べものが挟まりやすいことが問題となった際に、善後策としてインレー修復に切り替えられてしまうのです。

食べものが挟まらないように2級窩洞にしっかりとレジン充填をすることはなぜ難しいのでしょう。この疑問にお答えする前に、そもそもレジン充填後に食べものが挟まりやすくなるのはなぜかを考えてみましょう。レジン充填の実際の手順を理解していただくことでその答えが出てきます。

虫歯を削った穴にまずボンディング剤という液状のレジンを塗ります。これにより、歯の表面に「樹脂含浸層」というレジンと歯の象牙質が化学的に接着した薄い層ができます。この後でペースト状のレジンを少しずつ穴の中に埋めていき、そのたびに光を当ててレジンを化学的に硬化させます。この作業を行う際には隣の歯との間にセルロイド製の「ストリップス」や金属性の「マトリックス」という薄い膜を入れてレジンの形を整えます。ストリップスやマトリックスは薄い膜上のものですが、薄いといっても多少の厚みがあるため、充填後にこれを外すと隣の歯との間にわずかな隙間ができてしまいます。光が当たるとレジンが硬化するわけですが、「重合収縮」といってレジンが硬化する際に体積がわずかに小さくなります。この重合収縮により歯と歯の間の隙間がさらに拡がってしまうのです。

以上がレジン充填の際に必ず起こる現象ですが、この隙間を出来ないようにする方法があります。それは充填前に歯と歯の間に「ウェッジ」という木製の小さなくさびを押し込み、歯と歯の間を少し拡げるという方法です。この方法を「歯間離開」といいますが、レジン充填後に隙間が出来る分だけ先に歯間離開しておけば差引セロとなり、レジンが隣の歯としっかり接触した状態となるのです。

このように2級窩洞に対してしっかりとレジン充填をすることは可能なわけです。しかし、手間と時間がかかるので再治療が必要な場合にインレーの方を選ぶ方が合理的だと判断されがちなのです。保険診療では全国一律にレジン充填やインレー修復の治療費が定められています。虫歯の状態や場所によって簡単に治療できる場合もあれば、大変難しい場合もあります。しかし、簡単な治療でも難しい治療でも治療費は同じです。そうであれば、なるべく簡単に治療できる方法を選択することになるからです。

もう一度書きますが、2級窩洞に対してしっかりとレジン充填することは手間と時間がかかり割に合いません。しかし、インレー修復に切り替えればそれでよいというわけではありません。レジン充填からインレー修復に切り替える際に歯を削り足さなくてはならないという問題があるからです。虫歯を削った後にできた穴はレジン充填で塞ぐことは可能ですが、凸凹していてそのままではインレーを作って入れることができません。虫歯でない部分も削り足して穴の形をきれいに整えた後にインレーの型取りをします。歯を削る量を少なくするという点ではインレー修復よりもレジン充填の方が優れていることはゆるぎない事実です。治療回数が少なくて済むという利点もあります。私たちは出来れば2級窩洞をレジン充填で直したいと思っています。その解決策として、保険外の自費治療でレジン充填を行っています。治療費はその分高くなりますが、その代わりに手間と時間をかけた高品質のレジン充填ができるようになるからです。

治療費 近心、遠心のいずれか1窩洞  18000円+税(19440円)/ 本

近心、遠心の両方 27000円+税(29160円)/ 本

※「近心」は手前の隣の歯に近い部分、「遠心」は奥の隣の歯に近い部分

コメントは受け付けていません。