ドライマウスにかかった場合、日常生活での注意点は?

Share on Facebook

唾液の分泌を促すためのガムやあめは有効ですが、虫歯予防のため砂糖分の含まれていないものを選びましょう。また、ストレスをできるだけ避けるように生活習慣を改め、定期的に歯科治療を受けることが大切です(歯垢や歯石の除去、グラグラした歯の処置、歯や詰め物の修理と調整、義歯の修理と調整など)。現在では様々な対症療法がありますので、ドライマウスの専門医を受診して症状に合った治療を行いましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。