藤原京で使われた生薬

Share on Facebook

現代使われている漢方薬のブレンド(方剤)は漢の時代に確立され、その後2000年近く変化していません。日本に伝わった歴史も古く、1300年前の藤原京から出土した木簡には現在使われている生薬の主なものが既に記載されています。これらの生薬の多くが日本国内で調達できたとは思えないので、中国や周辺諸国から輸入したものなのでしょう。

 https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=13&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiDh-WtiY7gAhVSAogKHfEFBmEQFjAMegQIBBAB&url=https%3A%2F%2Fwww.jstage.jst.go.jp%2Farticle%2Fkampomed1982%2F51%2F4%2F51_4_591%2F_pdf%2F-char%2Fja&usg=AOvVaw0sUnkQ1D7NSoKKcnX0eejm

藤原京で使われた生薬

コメントは受け付けていません。