痿証

Share on Facebook

痿証
肢体筋脈が弛緩し無力になる病気を痿証といいます。長期化すると筋委縮も生じ、ギランバレー症候群、運動ニューロン疾患(筋萎縮性側索硬化症など)、重症筋無力症、周期性四肢麻痺などが相当します。弁証は以下の5種です。

肺熱津傷
温熱の毒邪により肺が焦がされて津液が全身に行き渡らなくなります。その結果、五臓・筋脈が潤いをなくします。

湿熱侵淫
湿熱の邪が経絡に侵淫して気血が廻らなくなり、筋脈の栄養不足となります。

脾胃虚弱
脾胃での気血の生成が不足すると筋脈の栄養不足となります。

肝腎虧虚
過労や房労により肝腎が損傷されて精血が不足します。その結果、筋骨の栄養不足となります。

瘀血阻絡
外傷後や産後に瘀血が生じて経絡の流れが滞り、経絡に気が廻らなくなります。

コメントは受け付けていません。