歯石除去でピリピリチクチクした痛みの感じが残っています

Share on Facebook

樋口先生、お忙しいところ恐縮ですがお聞きしたいことがあり、メールをさせていただきます。以前にも先生にご教授いただいたことがあり、とても参考になり感謝しております。

水が出る器具での歯垢または歯石除去で、ピリピリチクチクした痛みの感じが二週間が経っても歯茎に残ることがあるものでしょうか?

右下奥歯から三番目の、一本、内側に傾いて生えている歯なのですが、鈍い痛みがあって歯並びのせいかなと思っていたのですが(赤くはれているという感じは見た目にはなかった)、歯科医院に行ったところ、水の出る器具で処置していただきました。2、3日歯ブラシはしないでいいから…という言葉だったので、4日目に静かに歯ブラシを当てたら、少し強めで今までに感じたことのないピリピリチクチクした感じがあったため、そのことをその歯科医院に聞いてみたところ、あなたの感じ方の問題で気持ちから来ているのではないかと言われてしまいました。来院して診てみましょうとはなりませんでした。

そうなのかな…と思うようにして気にしないようにしていましたが、今日で二週間が過ぎますが、ピリピリチクチク感は続いています。

先生、このピリピリチクチクした痛みの感覚は何ですか?考えられることを教えて下さい。通常でもあることなのですか?実は、清掃時に、そこは歯と歯肉の境じゃない…歯肉だ…と感じるところに器具が当たっていましたが言えませんでした。それと、ピリピリチクチク感があっても歯磨きは普通にやったほうがいいですか?

そして、しばらく様子を見てもいつまでもピリピリチクチク感が治らない場合は、どうしたらよいですか?他の歯科医院など、この状況を診ていただいた方がよいでしょうか?長くなってしまい申し訳ありません。先生のお考え、ご助言をお願い致します。よろしくお願いします。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也
歯石を取る際に歯肉が傷つき痛みが出るケースは確かにありますが、その場合は2週間を待たずに治癒することから、今回の問題は歯肉ではないと推察します。歯の頭の部分(歯冠部)と比べると、根の表面(歯根面)は歯の神経に刺激が加わりやすい構造になっています。歯肉がやせて歯根面が露出した状態であれば、歯石除去の際に歯の神経を刺激してしまい、知覚過敏が生じたのかもしれません。

知覚過敏は長期間持続しやすいものですが、専用の薬剤を歯の表面に塗布することにより症状は改善します。従って、歯科医院で再度知覚過敏が生じているかどうかを診てもらい、必要があれば治療を受けましょう。

コメントは受け付けていません。