マムシグサ

Share on Facebook

サトイモ科テンナンショウ属マムシグサ


六甲山の山頂付近で咲いていました。仏炎苞の形がマムシが立ち上がって頭部のみを前に突き出している様子に似ていること、偽茎の模様がマムシの胴体に似ていることから、この名がつきました。

サトイモ科へ戻る

雑草図鑑1-2へ戻る

コメントは受け付けていません。