ラショウモンカズラ

Share on Facebook

シソ科ラショウモンカズラ属ラショウモンカズラ


六甲山の山頂付近で咲いていました。平安時代に嵯峨源氏の東国武士であった渡辺綱が京都の一条戻り橋で鬼の腕を切り落としました。謡曲『羅生門』で舞台を羅生門に移して謳われました。この花を横から見ると切り落とした鬼の腕のように見えることから、この名がつきました。

シソ科へ戻る

雑草図鑑1-2へ戻る

コメントは受け付けていません。