シロイヌナズナ

Share on Facebook

アブラナ科シロイヌナズナ属シロイヌナズナ


六甲山の山頂付近で咲いていました。生物学の研究で頻繁に登場する植物ですが、見た目はとてもありふれた雑草です。成長が早く、育てやすく、ゲノムサイズが小さくてゲノム解析が終わっているといった点で、植物研究のモデルとなっています。

アブラナ科へ戻る

雑草図鑑1-1へ戻る

コメントは受け付けていません。