あなたの症状は非定型歯痛?

Share on Facebook

非定型歯痛(特発性歯痛・突発性歯痛)は口腔顔面痛に分類される病気の中で最も多く、約30〜40%を占めています。そこで、非定型歯痛の特徴と主な症状を挙げてみました。下記をご参照のうえ、当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

●歯やその周囲に痛みがあり、顔面痛を伴う場合もある
●痛みを感じる部分に虫歯などのはっきりとした原因がない
●痛みは中等度から上と強めで、激しく痛むときもある
●瞬間的な痛みではなく、痛みが数週間から数ヶ月にわたって持続している
●冷たい水などで刺激しても、痛みは強くならない
●消炎鎮痛剤の服用や歯科処置を行ってもよくならない
●局所麻酔への反応は曖昧で、効くときと効かないときがある
●痛みの範囲は拡大する傾向にあり、違う場所へ飛ぶこともある
●歯科などで外科的処置を行うと痛みがひどくなる
●治ったと思ってもまた痛くなる

コメントは受け付けていません。